something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:田中
kawaiさん、こんちわ。

>>最近、古い日本家屋に住みたいと思ったりしています。
 
 イイですねぇ。まあ、我が家はkawaiさんが言っているような古民家じゃあないけ
ど、戦前から在った材料をふんだんに使っています。今の住宅と比べてキレイじゃ
ないけど、イイ味を醸し出していると思ってます。外から見ると、タダ古いだけで
すが……(笑)
 でも、今の高気密高断熱&オール電化生活も味わって見たいこともあるけど、飽
きちゃうかな。
 
>>昔の火鉢や、かまどなんかに憧れてしまいます
 
 今の住宅で、そんなコトしたら一酸化中毒になっちゃう。意図的に作らなくても
気密性が高いですからね。
 ちょっと離れた場所に亡くなったオヤジのアトリエがあって、そこにはケヤキで
作った四角な火鉢が今でもあって、当時オヤジは鉄瓶を乗せ松風を楽しんでいたよ
うです。
 
投稿者:kawai
やっぱり懐かしいですね。(^^ゞ
最近、古い日本家屋に住みたいと思ったりしていま
す。
(多分、無理だと思いますけど・・・)
昔の火鉢や、かまどなんかに憧れてしまいます。
投稿者:田中
平田さん、どうも。

金庫は在るだけで、なんの用も足していません。
だって入れるモノがないから(笑)。
ボクの小学校1年生からの通知表とか、アルバムとか
東京オリンピックのコイン、古い100円札2or3枚
くらいしか入ってません(泣)。

そうだね、戦時中、ヨットってどうしていたんだろう?。
投稿者:JUNO平田です。
祖父が株屋を家業としていたので 実家にも金庫がありました。朝、電話を申し込むと昼過ぎに東京兜町につながったそうです。(笑)戦争中に鉄の供出で無くなったそうです。そういえば花壇の鉄パイプの柵もみんな切断されていました。当時 鉄のキールを持ったヨットなんて存在していたのでしょうか。
投稿者:田中
平田さん、no ironさん、どうも。

昔は、どこの家でも在る風景でしたよね。
そうそう、木製の冷蔵庫もしっかり覚えています。取っ手がレバーになっていて「ギュッ!」と締めるヤツ。
そうそう、金庫、人間が入ってしまうような金庫、昔の銀行の金庫室の中の金庫、我が家に二つあって、上棟する前に設置したので動かせません(笑)。
 
 ウチの風呂も五右衛門風呂をFRPの浴槽に替えただけなので、今でも焚き口があって煙突も立っています(笑)。また、浴室はタイル張りです。天井だけはバスリブを使っていますが。冬は少々寒いですが、まあイイかです(笑)。


投稿者:no_iron
おぉ!まだまだ現役で活躍中〜♪ ですね!
お手入れすれば、ちゃんと長く使えるのですよねぇ〜。

http://homepage3.nifty.com/happygo/
投稿者:JUNO平田です。
田中艇長 こんにちは。
タイルの流し台確かに懐かしいですね。
僕の磐田の実家も同様でした。歯磨きの時 ガラスのコップを何度も割った記憶が有ります。流しの隣に木製の冷蔵庫。内部にブリキ板が張ってあり上部に氷屋さんが持ってくる大きな氷を入れて冷やすやつ。扉は金庫の様でした。お風呂は上部はタイルですが底は鉄板で五右衛門風呂タイプ。昭和初期の家でどの部屋からも庭が見えました。(3箇所に庭があった)15年前に建替えましたが理由は二台分の駐車場を確保する為、当時の家では駐車場なんて考えもしなかったでしょう。昔の家を維持していくのは木の寿命より生活の変化が大きくて大変ですね。

過去ログ

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ