something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:サムシング田中
●丸さん

コメントありがとうございます。
沖縄−東海レースでSASHIBA5に乗っていたんですね。
イエローブリックは陸地から10マイルですか。
もっと離れていても受信できると思ってました。

これは夜間のウォッチ楽でもあり、楽しいかもですね。




http://www.the-support.net/something/
投稿者:丸(SASHIBA5)
沖縄東海レースで参加艇に搭載されていたのは「イエローブリック」でWeb上のデータで陸地から10nmでしか受信できませんでした(インマルサットを除く)。AISは受信のみなら無免許でOKですが発進となると無線局の申請が必要です。他艇(船)が発信していれば位置情報が手に取るようにわかるので夜間のワッチが楽でした。
投稿者:サムシング田中
●ゆうさん

こめんと、さんきゅう。
AISの積載義務は300トンのようですね。
http://www.kaiho.mlit.go.jp/10kanku/ais-kagoshima/gimusen.html

ライフラフト、ライフジャケットにこれが付いたら、すごいですね。

沖縄東海レース出場した艇には前提積載していましたね。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:ゆう
AISは、何トンだか以上の船には、国際条約で設置が義務付けられています。
ラフトに(レーダトランスポンダの代わりに)積むタイプもあります。
個人が持って、落水時に位置を知らせる・・・という使い方ができるものあります。
(ラフト用と個人用は、日本の法整備は済んだものの、まだどこのメーカーも技適を取ってないので、日本船籍では使えませんけど。
一昨年くらいからヨットでも一般的になっています。沖縄東海レース出場艇はほぼ100%の設置率ではないかな?
パーソナルイパーブについては、今日本での利用に向けての会議が始まり、JSAFも参加しています。(JSAFのプッシュで検討が早まったイメージ)
投稿者:サムシング田中
●オリオン兵藤さん
今回の35日間の屋久島行きでも、十分その役目を果たしてくれたのでしょうね。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:サムシング田中
●フェニックスさん
スマホ、タブレットで簡単に見ることが出来ますね。
会社、自宅にいても海が感じられていいです。


http://www.the-support.net/something/
投稿者:サムシング田中
●CALYPSOさん

コメント、ありがとうございます。
八丈島へ行った…と聞いていました。
AIS発信システム、積んでいるんだ!。
いいなぁ。


http://www.the-support.net/something/
投稿者:オリオン兵藤
オリオンも受信のみのAISをGPS表示で利用してますが、航路横断やオーバーナイトで本船航路に沿って進むときなど大変重宝です
もっと安く手軽に使えるようになるといいですね
投稿者:フェニックス
バージョンアプで対応済みでした。かなり便利です。(*^^*)
投稿者:CALYPSO
田中さん

CALYPSOもAIS積んでいます。今度見つけてみてください(笑)

先日、八丈島まで行って来たのですが、本船航路を横切る時なんかはAISは便利ですよ。遠くに見えてコリュージョンコースにある船が解りますからね。予めVHFで呼んでおけば安心でした。便利な時代になりましたね。
1|2

過去ログ

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ