something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:サムシング田中
●koyahiさん

葛布のシャツって、見たことがないけど、夏は涼しいだろうナァ。

内装材としての葛布。
家人は誰も知りません。
興味も持ちません(泣)



http://www.the-support.net/something/
投稿者:サムシング田中
●Tosh さん

そうかそうか、葛根湯も、そうなんだね。
風邪薬か?
喉の薬か?


http://www.the-support.net/something/
投稿者:koyahi
最近は葛布のシャツとか工芸品として売り出してますね。
内装材としての葛布は知りませんでした。
投稿者:Tosh
「葛根湯」、あれも読んで字の如し、葛の根を煎じたものなんですね!
それから、くず湯ですが、掛川の「桂花園」まで「くず湯」を時々買いに行きます。
投稿者:サムシング田中
●平田さん

流石です。さすが天下のT中工務店です(笑)
確か、会社に日本建築資料館がありますね。

葛布、ほとんどの人が知らないと思います。
ブログに書いた和室は建築後、50年を過ぎています。
一生モノと言うより100年くらいは保つと思います。


6尺の床脇、9尺の床の間。
天井高10尺(笑)
白檀の床柱。
神代杉の落とし掛け
北山磨き丸太の飾り柱(品のない絞り丸太は使用しない(笑))
象眼を使用した書院欄間

天井板は、春日大社で倒れた杉を競売で購入。幅は2尺1寸(笑)
目透の目板は朱塗り。襖の朱と同じモノ。

…と亡父がこだわって作りましたが、分かる人はほとんど居ません(笑)

白檀の話。
http://white.ap.teacup.com/something/1253.html



http://www.the-support.net/something/
投稿者:サムシング田中
●soneくん

DIYする人が、道具をそろえていれば良いのですが、
今や、棚一枚作るにも、結構タイヘンかも

ホームセンターへ行けば、自分で襖をはる材料、それもノリ付き。
アイロンで反応する接着剤が付いているんです。
いわゆるホットプレスの、自家用版です。

合板でも同じです。
http://white.ap.teacup.com/something/1277.html



http://www.the-support.net/something/
投稿者:平田です
田中艇長 おはよう御座います。
毎日楽しみに拝見してます。
磐田の実家を建て替えた時に襖を葛布で作りました。
施工した菊地建設の営業が葛布を知らなくて、掛川の業者さんにお願いしました。
この葛布にしると張り替えて模様替えの楽しみは味わえないけどほぼ一生物だと父親に言われました。
直射日光は当たらない襖ですがだんだん色が濃くなって来ました。

投稿者:sone
先日はお世話になりました、だぶん板購入回避です(笑)。
余談ですが我家築30年、先日 和室襖(自室)4枚、天袋2枚、自分で襖紙張り替えた、アイロンで貼るヤツ。案外上手くやれたが 1日かかり腰を痛めました(笑)。

最近の記事

過去ログ

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ