something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ゆう
カッパの進歩は
・通気性
・運動性
・重さ
・感じる重さ(重さの割りに軽く感じる)
が主なところだと思います。
いずれも快適性と直結します。年々良くなっています。その快適性を取るか、お値段を取るか。そこはトレードオフ。
#マッチレースビブなんてのは、「感じる重さ」と「運動性」がとっても良いですよ。

ケツパットについては、セーリングパンツについているものがあります。(ヘリハンだったかなぁ?)
投稿者:田中
おお、soneくん。
釣道具屋さんにあったか。
案外、海のモノ、ヨットに使えるモノあるんだよね>釣道具屋
投稿者:sone
どうも、満さん。釣具屋で尻パット(ネオプレーン製有り)
愛用してます。ピンキリですが\2,000内でも充分!
ヨットマンには合わないかもね(笑)
投稿者:sone
どうも
投稿者:田中
 ゆうさん。
 10万オーバーのオイルスキンを着るつもりはないけど、ヨットに1年間乗って何回オイルスキンを着るかな?。レースも含めて、防寒も含めて20回くらいかな?。
 それで5or6年も保てば充分かな。一番摩耗するのはズボンの膝と尻。
 確か、ディンギー用でウェットスーツの生地で出来た尻パットがあったなぁ。
投稿者:ゆう
お値段次第ですが、カッパは確実に進歩していますよ。
ムストーでもギルでも、10万オーバーのものもありますが、ファイブオーシャンに出ようってわけじゃあるまいし・・・

お高い河童は、たたんでもそれなりのカサになりますので、持ち運びが不便。状況にあわせてセレクトしてくださいやし。

カッパの高い・安いは、必ずしも高級低級ではないですよ。よりシビアな状況にあわせると高くなってしまうってことだと思うデス。
投稿者:田中
おお、soneくん。
いろんなトコロから情報をありがと!。
HS1521…今年はHH165**とかという番号だから旧型かもしれないな。

旧型だって機能は十分なはず。
投稿者:sone
満さん どうもです。
日の出町国一沿いシラトリ アウトドア館2F 点数は少ないですがヘリーハンセンボートウエアHS1521だったかと思います。色は3〜4色有り バーゲン半額!(驚)
多分旧型?\14,900(税込)定価\29,000位 販売してました。小生、船釣りで某釣りメーカーS,Dのゴアを愛用してますが耐久性に今一と思っています。
試着してみましたが冬季に防寒合羽として購入を考えてますが釣り用としてどうでしょうか?
投稿者:田中
ゆうさん。
ギルのHomePageを見せて貰いました。
最高級の上着11万円。
ズボン=9万円。

これをハーバーで着ていたら、ハーバー雀は何も
云えないだろうな(笑)。

投稿者:ゆう
マッチレースビブは、とても着心地、使い心地がいいんですけど、クルージングの時など、「ワッチオフの時の脱ぎ着」や、「大っきいほう」の時に、使い勝手がイマイチだったりします。

ギルは、大阪のフォーチュンという会社が輸入しています。この会社、各地のボートショーに出展したり(バーゲンしたり)、ヨットレースにスポンサードしたりと、営業のお兄ちゃんの顔を覚えるくらい熱心ですね。http://www.gill.jp/index.shtml(これまでは、殆ど海外で買ってたんだけど・・・)
1|2

過去ログ

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ