something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
ブルーウォーター21…武市氏設計の息の永い名艇でした。
今でもウチのハーバーに一隻あります。
<さら文><モンキーシャイン>など鳥羽レースで活躍しましたね。

投稿者:eWIND
最初に乗ったクルーザーはBW21です。

何年やっても学ぶ事ばかり、新しく知る事は楽しいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/syounanokaze
懐かしいけど、「あっ」と云う間に過ぎてしまった気がします。

ヨットも「知り、学び、教える」をやっていきたいと思っています。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:wing
清水ヨットクラブも、昔からヨット普及にご尽力されておられたようですね。
行政に働きかけ、ヨットを楽しめる環境作りをされてきたこともすばらしいことだと思います。
昔懐かしく、かつ、ロマンを感じます。
俊介さん。
古い時代を感じさせるイラストです。

ネントの輪もありますが、なにもヨットとは関わりがない人達を
ヨットと接触して貰うためには…、何を媒体していいのか悩んでます。

ヨットハーバーの前がショッピングモールになっているのですが、
立て看板が有効かな(笑)。




http://www.the-support.net/something/
投稿者:俊介
イラストが年代を感じます。
当時は紙媒体中心だった気がします。そして今やネットにとってかわろうとしていますね。
ヨットの輪、ネットで少しずつ広がるといいと思います。今年3月セニョールさんの船で保田(千葉)に行った時、ばったりお会いしましたひょうたん島さんのマリーナ(浦賀)に行って、船中泊してきました。40年間つづられてこられたログブックを拝見し、大変勉強になりました。ネットからリアルな関係になっていくのが楽しいですね。
セニョールさん。
アトリエにおいてあるモノは全てオヤジのモノなんです。
自分のモノは自分のウチの倉庫、書庫にしまってあります(笑)。

出来るだけ電子化して保存してありますが、全部は無理(泣)。
数千枚あると思われるアナログ写真、全部スキャナーで読み込むこと
は出来ないなぁ(泣)。

さて、今日は静岡市を南北に流れる安倍川。
その源流の奥にある山伏(やんぶし)という山へ仲間数人と行ってきます。
標高2013m。



投稿者:セニョール
サムシングさん物持ち良すぎです。(笑)

さすが、体育館の(ちとしつこい?)アトリエを
お持ちなだけあります。

スペース節約のため取っておきたい書面は
スキャナーで電子データにしています。




http://plaza.rakuten.co.jp/exolivia/

過去ログ

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ