something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
朝のウチは寒かったのですが、樹林帯を登り始めると一気に暑くなってきました。
頂上直下の雪が残っている場所では5月の太陽がまぶしくて、サングラスを持ってこなかったことを後悔しました。

富士山方向(東側)はガスっていたんですが、南アルプス方向(西側)晴れ渡ってスカイラインがきっちり見えました。

写真、看板「山伏」のすぐ右側の白いピークは二つの聖岳です。右へ赤石岳、荒川岳…と続きます。北岳、甲斐駒はずっと右手になるので、ここからは見えないと思います。
聖岳の左方向(写真では見えないけど)には上河内岳、光岳、ほりさんの好きな信濃俣…と続きます。井川湖を挟んだ向こう側です。

>>滑るの半分、のんびりするのが半分。この贅沢を知ってしまうと…。

次第に滑るのが四分の一、のんびりするのが四分の三…そして四分の四が…(笑)。


今日の海は気持ちが良かったです。
投稿者:ほり
5月の残雪期で天気が良いと最高に気持ちよい登山ができますよね。真夏は暑いし、真冬は寒いしヨットと一緒ですよね。

遠景の山はどのあたり?北岳、甲斐駒あたりまで見えちゃうのでしょうか。

山高きにして尊からず。里山の楽しさ、渓流の楽しさ、雪山の楽しさはそれぞれ。雪の上での半袖Tシャツの写真が羨ましい。

以前は4月中旬に八方尾根に林檎やサンドイッチ、コーヒーを持ってスキーによく行きました。滑るの半分、のんびりするのが半分。この贅沢を知ってしまうと…。
駐車場から、いきなり急登なんで、疲れました(泣)。

頂上で作ったランチが美味しかったです。

…でも、「なっちゃって」かな(笑)。

投稿者:セニョール
車で相当な高さまで行けるとはいえ、
この時期残雪が残る山登りならば
ちっとも「なんちゃって、、」じゃ無いですよ。



http://plaza.rakuten.co.jp/exolivia/
>>まだ、この続き有るんですよね。楽しみです!

続きは無いです(笑)。
これで終わり。

山も海も、これからもイッパイ行きますよ!。
若いんだから(笑)!。
投稿者:sone
田中さん。
>30歳代の仲間5人と計6人。って田中さん!
前触れが有ったけど‥凄いね!良く行くな〜って
思う。

まだ、この続き有るんですよね。楽しみです!
wingさん。
たった1時間のコースですが、結構いきなり急登なんで、しんどかったです(笑)。

あれはお茶ではなく「キノコのホイル蒸し」(笑)
左のストーブで珈琲を淹れています。





http://www.the-support.net/something/
投稿者:wing
残雪が残っていますね。空気が澄んでそう、しんどいでしょうが、しんどいからこそ、景色がご褒美ですね。プリムスのコンロで飲むお茶は何よりでしょう・・。
ほりさん。
恐れ多くて、こんな処へ行っている人とご一緒できません(泣)。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/8626/

でも、近所の里山で、なおかつ温泉付の処へ、なおかつお酒付きの処へ
連れて行ってもらいたいものです(笑)。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:ほり
私、恥ずかしながら、いろいろな山に登ってきましたが「山伏」「八紘嶺」など、お膝元の安倍川流域の山に登った事がありません。

機会がありましたら一度連れて行ってください。

最近の記事

過去ログ

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ