something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
wingさん、いろいろありがとうございました。
ちょっと悩んでBRI-SKIというメーカーのモノにしてみました。
ちょっと重いけど。
今までのペラは6キロ、上記のモノは8キロの重量があります。

段ボールカヌー、子供たちは先生が止められないほど大はしゃぎでした。
生き生きしていました。いいなぁ。
清水には海洋活動センターがあってヨット教室もやっています。
結構参加者があるようです。

7月に協会でもこんな企画をしています。
ボクのアウトドア仲間10人を送り込みます(笑)。
http://www4.tokai.or.jp/sya/dinghy/notice/08school.pdf



http://www.the-support.net/something/
投稿者:wing
一番下の段ボール船,良くできています。
この子供たちの中から,将来のヨットマン・ヨットウーマンが生まれたらいいですね。
ところで,ブレードの件失礼しました。
akemiさん。…でしょう!(笑)。
子供たちが生き生きしていました。

「行くゾォ!」てな感じで海へ出て行きました。
沖へ出たとは行っても30mくらいかな。
でも、自分たちが作ったボートが実際に海に浮いて
それに乗ることが出来て、それで自分で漕いで感激していました。

作っている最中は、本当に浮くのかな?。本当に乗れるのかな…と
思っていたようです。

子供たちの冒険心を満足させてくれたようです。

ライフジャケット(救命胴衣)は海に近づく時には必須ですね。
泳げても、何があるか分からないから。

この段ボールカヌー、持って帰ってもいいそうです。
お父さんと一緒に乗るように…とか云ってました。
大人も大丈夫のようです。


投稿者:akemi
わ〜!楽しそう!!
でも、1回使ったらおしまいかな?
ちゃんと救命胴衣を着けてるところが、さすがですね。


http://www.bea.hi-ho.ne.jp/akemi-lovexxx/yama/
投稿者:田中
soneくん、そうですね。
ヨットマンとは云わなくても、海が好きになってくれる子供達
が育ってくれるといいと、常日頃思っています。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:sone
興味深いですね!

未来のヨットマンがこの体験学習から
育っていくんでしょうね。

過去ログ

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ