something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
達ちゃん。
ネタが豊富な達ちゃんでも、ネタにつまってきましたか(笑)。

ヨット体験談…いつでも(多分)オッケイですよ。

さて、どうしましょうか?(笑)。




http://www.the-support.net/something/
投稿者:鈴木達志
近頃、連載のネタにつまってます・・
今日も締め切りぎりぎりになって重い腰(ならぬキーボード)をあげてどうにか間に合いました。
う〜ん、来月は何書くかなぁ。
ヨット体験談、書きたいですよ〜〜

http://nature.i-ra.jp/
●セニョールさん。
ある一定の年齢以上の人達は、海は近隣の会社のモノと思っていたり、
国のモノだと思っていたりします。


●まさゆきさん。
それは云えるかも知れませんね。
陸上の交通網の発達と共に山側に向いてしまったのかもしれない。


●ポプラさん。
ニュージーランドはイギリスから船に乗って移民してきた人達が開拓した島。
日本は土着の民族(元をたどれば朝鮮半島からきたかも)が発展させた島。

そのへんの違いはあるかも知れませんね。

●wingさん
クラブライフを楽しもう!。
数十艇の頃はかなりまとまっていました。
それは「こうなって欲しい」(現状の係留施設)と言う要望が、メンバーの中に
あったからです。
で、実際に要望が実現してしまったら、徒党を組む(笑)、という意識が希薄に
なってきてしまいました(泣)。

●俊介さん
清水港には客船誘致委員会と云うモノがあって、
http://www.shimizu-port.jp/

いろいろな船を誘致しています。最近は日本丸が来ました。
飛鳥、ザワールド、QE2なども寄りますが、その船が港に入る時に
こんな風景を見せても良いのかな…と思ったりします。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:俊介
大変興味深く、記事を読ませて頂きました。
港に入る時、街を見て思われる気持ち、同感するところがあります。今YBMにヨットを置いていますが、入港する時見る風景は、本牧のクレーン、根岸の精油所、マリ−ナ周辺の倉庫、工場に設置された風車、そして派手なアウトレットの建物。海から観ると、風情も何もありません。残念ですね。マリーナの施設は素晴らしいのに。
海外出張して帰国する時、飛行機から日本を見て、つくづく思います、緑が美しい国だと。最近は誇りに思う時があります。
グーグルアースでも観て、街を設計してもらいたいものです(笑)。
投稿者:wing
すばらしいヨットクラブ,ヨットライフ,そして郷土の港を思う気持ち,よく判ります。
行政に働きかけて,よりよい町にしたいという身持ちは,清水ヨットクラブの当初からの考えなのですね。
私たちも見習いたいと思います。
投稿者:ポプラ
読ませて頂きました
いい内容ですよね

僕も時間があれば日本とニュージーランドの
意識を比較してみたいものですね
なんで日本はこれだけの美しい港を持っているのに
海洋に対しての意識が低いのか不思議でなりません
投稿者:まさゆき
古くから外海に乗り出した人間がいて それを支援するシステムがあった国が海洋国でしょう。
日本も克っては海洋国で古い港町は海岸に向かっていましたが、陸上交通網の発達と共に山側に向いてしまいました。
今でもカリブ海の島の町並みは海岸に向って拡がっています。
投稿者:セニョール
立派な記事ですね。

海に背を向けた、、決して外観だけの問題ではなく
島国に住む我々はもっと海に向いて欲しいですね。



http://plaza.rakuten.co.jp/exolivia/

最近の記事

過去ログ

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ