something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
日本人が経営しているブランドコピー最高品質(N 級品)ブランド コピー新作最新入荷,ブランド コピー,ブランドコピー,ブランドコピー財布, ブランドコピー 代引き,エルメス コピー,激安ブランドの財布等素晴らしいブランドコピーブランド専門通販店、大人気ブランドコピー時計 ショルダーバッグトートバッグ財布を海外激安通販!ブランド コピー
当店はブランドコピー代引きを販売しているブランドコピー時計ブランド専門店です。
N 級のパネライ時計コピー、ロレックス時計コピー、オメガ時計コピー、ウブロ時計コピー、 IWC時計コピー等。
世界一流 ブランドコピー時計を取り扱っています。
ブランドコピー時計業界最も人気のブランド(N級品)販売通販専門店、精巧に作られた のブランドコピー財布とバッグとジュエリー、ブランド コピー
ロレックス、ヴィトン、パネライ、ウブロ、IWC 等ブランドコピー腕時計2021新作、品質保証、楽天ブランドコピーは業界最高品質に挑戦!
全商品はプロの目にも分からないブランド コピーN品です。
ヴィトン スーパーコピー 財布 代引き 治療 https://www.copy2021.com/product/detail/8913.htm

https://www.copy2021.com/product/detail/8913.htm
投稿者:サムシング田中
●yohchanさん

コメント、ありがとうございます。
折戸マリーナに係留しているんですネ。
今、社長をしている渡辺くんは知り合いです。

時々、このキャノピー?orドジャーを見た人は「おお!」と喜んでくれます。
小型艇は大型艇のようなドジャーは付けられませんから、悩むところですね。
半分自作、半分業者に作って貰ったような形です。

時々、折戸マリーナに出入りしている樋口くんに作って貰いました。
折戸マリーナのオフィス横に、樋口くんの倉庫がありましたが、今は無いようですね。

故に折戸マリーナのスタッフに問えば、樋口くんの連絡先を教えてくれると思います。
でも、半分は自分でやってくださいね(笑)。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:yohchan
サムシング田中さま
はじめまして。当方、ヤマハマイレディーに乗ってます。今年の11月、ホームポートの折戸から松崎にクルーズした折、結構スプレー浴びて大変な目にあいました。
是非、掲載のドジャー我が艇にもと思うのですが、施工されている業者さんとか教えていただければ思います。よろしくお願いいたします。
投稿者:サムシング田中
●俊介さん
お誉めの言葉、ありがとう(笑)。

小型のグルーブレールは、今は見ることは少ないけど、以前はドジャーの裾を
通すために使われることはあったのです。でも、みんな大型艇。
でも、今は使われてはいないと思う。
また、商品としてあるのかどうかも分からない。

しかし、ボク自身も同じような仕掛を見たことがないんで、
これを見た人は「優れモノ」の印を押してくれます(笑)。





http://www.the-support.net/something/
投稿者:俊介
初めて拝見しました。
グルーブレールを使用されていることに驚きです。
グルーブはセールをマストやブームに通すものという固定概念がありますから。
このアイデア、すごいです。固い頭ではひらめきませんね。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/
投稿者:サムシング田中
●tommyさん。
はい、力作です(笑)。
みんないろんなことを考えて自作をしてますが、
セーリング中のスプレー避け、雨避けだけを考えて作りました。
結構簡単にグルーブに差し込めます。



●wingさん。
ポンツーン上に広げたように、立体裁断ではないのです。
最初はペラペラのプラスチックで立体裁断用に型紙を作ったり、試行錯誤を
しましたが、結局平らのモノが扱い作成し易かった。

前側の30センチくらいを斜めにカットしただけです。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:wing
以前にもブログで見せて頂きましたが,
立体に裁断が出来ていて,前のカーブがドームの丸みをうまく作っていますね。
wingにも欲しいキャノピーです。
現在のところ,透明傘を細いロープでくくりつけるくらいです。私の方法は視界は良いですが,格好が悪い・・。
投稿者:tommy
お。これは力作ですね。

仲間の艇で、塩ビパイプでフレームを造りドックハウス入り口にはめ込み(というかキャビンの床に置いて上部を入り口から付きだした感じ)、その上にテントを張った人もいます。
皆さん、いろいろと工夫されてますね(笑)

http://sailingfun.blog63.fc2.com/

過去ログ

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ