something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:サムシング田中
●俊介さん。
昨年の暮れ、港営課の課長がY課長からM課長に替わりました。
その時にはボクが会長だったので、表敬訪問にうかがいました。

その時から「何か変わるかも知れない」と思っていました。
が、会議の当日に問うてもいないことを「テキパキ」と歯切れの良い言葉で
情報公開してくれました。

それはそれで嬉しかったですが、協議会立ち上げのために、尽くそうと思っています。




http://www.the-support.net/something/
投稿者:俊介
理解ある港ですね。
拍手されたメンバーのみなさんのお気持ちがよくわかります。
メンバーみなさんと清水港管理局との協議会、きっとふさわしいモノができると思います。
島国の日本、港湾局、漁協そして市民、利害関係という片意地はらず、もっと繁栄する港作りの話し合いをもってもいいですよね。
清水港を見習って欲しいと思います。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/
投稿者:サムシング田中
●セニョールさん
この10年間、もやもやしているモノがあったのですが、
それが一掃されました。
「こうなって欲しい」…という思いが、次第に近づいています。


●俊介さん
「相続は認めない」…という規則が、この10年間ありました。

オーナーが代わっては絶対に駄目。
艇を乗り替えるのはオッケイですが、オーナーが代わっては駄目。
共同オーナーの中で交代しても駄目。

じゃあ、死亡した場合は…とかいろいろな問題が出ていました。
途中で、それも今年になってから、親族だったら相続はオッケイだけど
仲間は駄目。
いろいろな矛盾が出てきていました。
在る意味、不法係留船対策のためであったのです。

それが、平成24年からは相続も、売買もオッケイ…になってきたのです。


ヨット係留所の協議会というモノを、今から立ち上げて、これらの規則を
ふさわしいモノにしていくつもりです。





http://www.the-support.net/something/
投稿者:俊介
相続可能とは、ヨットの入れ替えも出来るということでしょうか。
江ノ島も葉山も内のハーバーも、ヨットを変えると、係留権利がなくなるんです。
つまり、船を乗り替えると、出て行かなくてはいけない。それかまた抽選に応募ということになります。困ったものです。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/
投稿者:セニョール
なんとも好ましい方向に動きそうですね?

小網代、壷に諸磯も何とかならんものでしょうか?

過去ログ

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ