something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:サムシング田中
●俊介さん
「擦れ止め」はあくまでも外皮の補強だと思っています。
毎日、何千回と繰り返して伸び縮みしているモヤイロープは外皮よりも
芯の方の、目に見えない疲労のほうが多いと思うのです。

定期的に場所を変えるのも一つですが、何年かに一回はモヤイロープを交換
しようと思ってます。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:俊介
毎週末もやいロープを見るのですが、擦れるところは、桟橋のクリートから桟橋が当たるところ、船体のクリートにかけるアイの輪、それから船体にあたる部分でしょうか。
車のタイヤポジションを変える様に、もやいロープも定期的に場所を変えるのも、長持ちのコツかもしれませんね。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/
投稿者:サムシング田中
●wingさん。

これの欠点は、弱くなっているロープを確認し難くなる点かもしてません。

●オリオン兵藤さん。
このコケ(笑)。
丁度シアーラインのフットレールの排水口の位置が水が溜まる場所(泣)。


●セニョールさん。
どうなんでしょうか?。
サムシングも以前は海上係留でした。
その頃も、別なモノで擦れ止めをしていました。

でも、海上係留は桟橋と艇をつないだ時のようなショックはないかもしれませんね。





http://www.the-support.net/something/
投稿者:セニョール
海上繋留の場合、舫いロープは(多くは無いですが)
ロングに出た場合など数日は海底に放置されます。
スグに汚れそうですが、それでも目的が
擦れ防止ならば着けた方が良いですかね?
投稿者:オリオン兵藤
糸で縫ったものは、見た目も良いですね

ただ、3枚目の写真のようにコケが生えるのはチョット・・・
汚れが気になったら、染めてみようかな
投稿者:wing
私も貰い物の消防ホースの古いのがありますので真似をしたいと思っております。
しかし,私のバウ側のロープは弱りすぎかも知れません。
まずは,交換をしてからにしても良いかも知れません。
摺れ止めをしておけば,相当持つことは確かですね。

過去ログ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ