something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:メル母さん
メル母さんのブログ「父とヨット」にコメントを頂き、ありがとうございます。


EIDomingo渡辺さん〜
ひょっとして渡辺修治のお別れ会にご夫妻でいらして頂いた渡辺さんでしょうか?
もしそうでしたら、その節はどうも遠い所をありがとうございました。

それから、田中さん!
改めまして、亡おじいちゃんこと渡辺修治の家族です。
メル父さんはDmingoさんがおっしゃっているとおり〜修治の長男の康夫です。
おじいちゃんにも娘はおりますが、「父とヨット」を書いているのは、康夫の嫁になります。。笑
ですから、メル母さんからすると義父と言うことになります。
メルは我が家の愛犬で、メル父さんが「メルサカ」レ−スに出た事から取ってつけたメルボルンの「メル」です。

メルと書いたりメル母さんと書いたり紛らわしい思いをおさせ致しまして、申し訳ありませんでした。
この度〜「天城レストア」を愛媛県の松山市で進行中です。夏くらいまでかかる予定です。
現在「天城レストア物語lその155まで来ています。良かったら引き続き、ご覧下さいませ。
現「天城」のオ−ナ−が木造艇にこだわって下さって、レストアが進行しています。
これからもどうぞ〜宜しくお願い致します。
               メル母さんより

http://blog.goo.ne.jp/naominoyume_1955/
《富士-ミスサンバード-テティス》はその後かなりたってから
稲取でレストアされて《龍星》と命名されました。
《El Domingo》が稲取をホームポートにしていたときに
並んで係留されていて、同じ渡辺修治設計の木造艇ということで
オーナーの外人さんと仲良くさせていただきました。
その後ハワイに係留されているのを目撃したといううわさ話を
聞いたことがあります。
サムちゃん、渡辺修治さんにはお嬢さんはいらっしゃらなかったはずです。きっとお孫さんでは?
・・・とするとメル父さんは康夫さん?

ご無沙汰してます、《El Domingo》の渡辺です。
レストア中の船は初代《天城》ですか?
《天城II》が進水したとき確か瀬戸内に引き取られて行ったと
記憶しています。
投稿者:田中
●メルさん。
書き込み、ありがとうございます。
渡辺修治さんのお嬢さん(お孫さん?)でしょうか?。
凄い感激です。
ありがとうございます。
<天城>のレストア日誌、目を食い入るように
読ませて貰いました。

メルさん=お孫さん
メル母さん=
メル父さん
…でしょうか?。


●明治くん
当時のニス塗りの<ミスサンバード>を覚えています。


●メル父さん
コメントありがとうございます。
380=富士
305=竜王丸
ミスサンバード→ティティス…なんとなく思い出してきました。

第一回の「江ノ島−清水レース」成績表が出てきました。
次回、写真を撮って載せます。

<天城2> 渡辺修治 TCF=0.7550




http://www.the-support.net/something/
投稿者:メル父さん
380富士は、昭和40年に小網代の陳さんが香港マニラレースに出るために建造したニス塗りの41FT外洋レーサーでした(305竜王丸も陳さんが初代のオーナーでした)。その後、SBの山崎さんのミスサンバード、ユニシスの山崎さんのテティスとなりまいた。
投稿者:Marji
>380は富士(テティス)

この時代はハルカラーは黒。ヨールでチャイナシーレースに出たと思います。
SBの山崎さんが購入しミスサンバードに。江ノ島清水レースにも出ていました。
投稿者:メル
「父とヨット」のブログを書いていますペンネ−ムメルです。
メルのブログをご紹介頂き、ありがとうございます。「我が家にもこの「すばらしき帆走」の本あります。父の名前が出てくると嬉しいです。
380は富士(テティス)
613は千葉大のくろしおじゃないかとメル父さんが言っています。これからも宜しくお願いします。

http://blog.goo.ne.jp/naominoyume_1955/
投稿者:田中
●wingさん
おっしゃるように夢のある時代でした。
毎年のボートショーの度に、艇が大きく豪華になっていったときです。
この写真誌を見ると、今の艇とは隔世の感があります。

●eWINDさん。
渡辺修治さんの艇ですね。
ブログの紹介、ありがとうございます。
この<天城>、乗ったことがあります。
江ノ島→清水レースを何度かやったコトがあるのですが、
<天城>が清水に着いてから乗せて貰いました。




http://www.the-support.net/something/
投稿者:eWIND
この時代は自分がヨットに乗るなんて思ってもいませんでした。
渡辺さんのお嬢さんのブログがありました当時のことも出てきます。
http://blog.goo.ne.jp/naominoyume_1955
僕がよく乗る610の設計図も出てきたようです
投稿者:wing
夢のある時代,チタグループや石原慎太郎が頑張っていた時代なのですね。
親戚に初めてヨットに乗せて貰ったのが昭和51年頃でした。
強風下の帆走シーン迫力がありますね。
1|2

過去ログ

カレンダー

2020年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ