something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:田中
667…か、調べれば分かるかも知れないけど、
同世代の艇ですね。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:俊介
そういえば、昨日小網代に向かうヨットのセールナンバー、確か667でした。木造船でしたね。
オケラと同じ世代でがんばってきた船なんでしょうね。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/
投稿者:田中
●tommyさん
いやぁ〜、ボクの記憶も最近では怪しいモノなのです(泣)。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:tommy
僕は実物は見ていないので、サムちゃんの記憶の方が正しいかも(笑)

確かカーボンマスト前提の設計だったのに、資金難で手に入らなくてアルミのマストを立ててバランスを崩したととも、デザイン自体がバウの浮力不足だったともどこかで読んだ記憶もあります。

http://sailingfun.blog63.fc2.com/
●tommyさん。
記憶違いかも知れないけど、最初は潜水艦の水平尾翼のようなモノが
沈まない方向についていた。そのご、その尾翼の下に浮力体を設けた。

違うかもしれない(笑)。
材木屋の倉庫で作っている時に見た記憶。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:tommy
記憶では、イカ頭はバウの浮力不足を補うために後から取り付けたはず。
その時に復元力不足を補うために、キールの改造もしたと憶えています。
多田氏は感覚でデザインして模型を作り、そのまま拡大したラインズで船を造っていたようなので、大型艇になるほどイメージとの誤差が大きくなってしまったようです。
改装前のユーコーは、強風の追ってでは潜水艦みたいにバウ沈しちゃうし、アップウインドでも復元力不足でまともにセールが張れなかったと聞いています。
だから改装後とはいえ、あの艇で世界一周した鉱次郎は、凄いと思っています。
投稿者:田中
●ポプラさん
<オケラ5>は、かなり前から清水に居ます。
I君の所有になっています。

が、<スピリット オブ ユーコー>の写真は12〜13年ほど前に松崎港に係留中の
写真です。いまは、どうなってしまったのか知らない(笑)。




http://www.the-support.net/something/
投稿者:ポプラ
世界一周のオケラ5世号が
近くに係留されているのはすごいですね!!
見に行きたいですね
イカ頭の艇スピリット オブ ユーコーも
ユニークですね、こちらは松崎なんですね

多田雄幸さんの記事や本が
懐かしいですね
すごく人生を楽しんで生きられていたと思います

僕は船名のオケラというのがすごく印象的でした
投稿者:サムシング田中
●wingさん
何かのイベント、夏祭りなどの時に、時々サックスを吹いてくれました。
西伊豆の黄金崎でも聴いた記憶があるな。

オケラグループ、どうでしょうか。今でも存在するんだろうか?。
元々、形がないと思うので、今でも存続していると思うのです。
だから、白石氏も、この<オケラ5>にやってくるんだと思います。


●マホロパパさん。
何かありましたね。イチジク浣腸…のような形をした艇(笑)。
何世だったのか、今度問うてみます。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:マハロパパ
多田さんには、海上ですれ違ったことがありました。手を振りあっただけですが、あの人柄そのものでした。
オケラ何世なのかなあ、「イチジク浣腸」みたいな形のが印象強いです。

http://mahalo415.blog22.fc2.com/blog-entry-114.html
1|2

過去ログ

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ