something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:田中
●eWINDさん
重ね重ね、ありがとうございます。
高圧で簡単に取れた…ということは「吹き飛ばした」ということでしょうか?。

そう言えば、スキューバーの昔のタンク、パチンコ玉入れてシェイクしたいたの
を覚えていますが、錆び取りですよね。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:eWIND
スラッジは高圧で簡単に取れました、給油口から途中エルボに鉄が使われていたのでタンク内は錆もたっぷりでしたからサンポール使いました、タンク内乾かすのはドライヤーで十分、熱風でなくても送風で十分乾きます。
昔の潜水ボンベは鉄だったのでパチンコ球入れて清掃した事ありましたね。
投稿者:田中
●ケセラさん。
いつも拙いブログを見て頂いて、ありがとうございます。
また、この度は、グッドアイディアを書いて頂いて、ありがとうございます。

パチンコ玉かぁ。それも歳の数だけ(笑)。
これは確かにタンク内をかき回してくれますね。
それも波の力で。
外れない、外すことが出来ない燃料タンクでは有効ですね。
成る程です。
グッドアイディアですね。

「エルダーレディー」って年寄り…っていう意味ですか?(笑)。




http://www.the-support.net/something/
投稿者:ケセラ
いつもブログ拝見してます。

私の艇もエルダーレディーなもので、数年前にタンクの掃除をしました。

やはり小さなタンクゲージユニットからしか中にアクセスできないので、燃料を空近く減らして、パチンコ玉を自分の年齢と同じ数(たくさん)放り込み、オフシーズンの一ヶ月余り波に揺らせて置きました。

パチンコ玉が中でごろごろしてヘドロ状の物をすっかり軽油に溶かし込んだ頃合を見計らい汚れた燃料を抜き取り、パチンコ玉は磁石を使い回収。後は何回か軽油を入れては抜き入れては抜きを繰り返しタンク内を洗浄。

術後のリハビリとして何回かは燃料ストレーナを通常より短期間で交換されたほうが良いようです。

タンクの底が船底型でなく、平らなタンクでしたらどなたかお試しあれ。
投稿者:田中
●wingさん
このSWING28の燃料タンク。
バースの下に入っていたり、手の届かない場所に在ったりする他の艇よりも
メンテをし易い場所にあることはありますが、手が入るような点検口を欲しいですね。


●俊介さん
船外機のタンクも、多分中は錆びていると思いますよ。
以前、トーハツの船外機を使っている時も、なにもしないでおいたら
中はサビサビだらけでした。
ガソリンが空になるのを待たないで、早めにやった方がよいかも。


●eWINDさん。
サンポールって、あのトイレ掃除の薬品ですか?。
サンポールでスラッジが溶けてきますか?。

高圧ジェット清掃、これしかないですね。
でも、中を乾かすのが大変そう。

●オリオン兵藤さん
リンク先、読ませて貰いました。
経験者でしたか。
長距離でエンジントラブルはタイヘンでしたね
それも2艇同時に(哀)。

燃料タンクでなくて、ポリタンから直結ということでしょうか?。


●フェニクスさん
古くなった艇は、この手のトラブルはかなりの確率であると思いますよ。
海が凸凹になったら、タンクの中の軽油はシェイクされますからね。





http://www.the-support.net/something/
投稿者:フエニックス
燃料タンクですか
当方も古いので来年確認してみます
一度も考えたこともありませんでした
小笠原まで行く場合だけではないですもんね
サムシングさんのタンクはステンで50Lくらいですかね 点検穴当方にもないですから
業者にお願いしなきゃいけませんね 

http://blog.goo.ne.jp/oni2134
投稿者:オリオン兵藤
私も経験あります http://www.page.sannet.ne.jp/hide/NIKKI-2006IZUSHOTO.html
海上でフィルターを掃除しましたが、燃料ホースの詰まりでした
帰路はキャビン内に縛付けたポリタンからホースで、燃料フィルターへ給油するという応急処置で事なきを得ました
投稿者:eWIND
僕も2年前に清掃しました。
サンポールで洗浄してから高圧ジェットで角度かえながらくまなく清掃、内部は新品のようになりましたよ。
投稿者:俊介
燃料タンク、自艇は船外機で20リットルタンクです。幸いふたが直径10cm近くあり、中が覗けます。手も入れられますので、次回ガソリンが空になったら、ウエスで拭いてみたいと思います。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/
投稿者:wing
燃料タンクのスラッジなどが,外海で揺れると,燃料フィルターを詰まらせたりノズルつまりの原因となりますね。
私は,数年前の燃料に雨水を混入してしまった失敗から,その時に燃料タンクの清掃をして貰いましたが,相当いろんな物がたまっていたようです。
手入れ孔が欲しいですね。
1|2

過去ログ

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ