山は楽しい1

楽しくなくっちゃ山じゃないを基本に何でも書いちゃいます

 
「このブログの地図作製に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000,(地図画像)数値地図50000(地図画像)数値地図250mメッシュ(標高)数値地図50mメッシュ(標高)数値地図10mメッシュ(火山標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した物である (承認番号 平20業使、第543号)」

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:RIKO
いつも大変なボランティア活動ご苦労様です。各地から作業や修行に集まって来られるんですね。大峯の山々ってやはり特別なものですね。
投稿者:nara_inui
ショウタンさんいつもお世話になります。皆さん今晩は、初めてショウタンブログに投稿させて頂きました。奥駈道はいま渇水で大変ですね。山歩きの水確保は生命に直結します。慎重な対応を望みたいと思います。掲示板を利用されている方々に教えて頂きたいことがあり投稿しました。熊野古道小辺路をテン泊で歩こうと計画を立てていますが、水場の情報が分かりません。奥駈道は沢山の人が歩き、私も昨年逆峰で一気縦走をしました。その後、いろいろな先輩に聞きましても歩かれた方がいません。地図やガイドブックにも水場の情報がありません。高野山から熊野本宮大社まですべてテント泊を考えています。水場と各種情報等経験の有る方、是非ご教示下さい。
投稿者:ショウタン
ゆうとままさん

口で簡単にゴミを拾うと言ってもそう簡単に出来ませんよ、それを自然に出来ると言う事はすごい事ですよね
我が子達は、子供の頃から演劇鑑賞やボーイスカウト等でカアチャンに鍛えられ、今も自分のゴミは自分で持ち帰れる事が自然に身に付いています。
ゆうと君やあゆむちゃんもそうなる事でしょう

ゆきうさぎさん

は、別の形で子供達を育てていますよね
プロに育てるより、心のある子供達を沢山作れば自然と良い子が育つのでは無いでしょうか、
83才の老人は一歩でも、と言う気構えが有るようです
山を愛し、人を愛し、自然を愛している証ではないでしょうか
投稿者:ゆきうさぎ
この暑い中 頭がさがります
ボランティア・・・いろんなかたちでそれぞれの力量でできることをすればいいんですよね。
それにしても83歳のパワーには敬服です。ショウタンさんもきっとそうなるのでしょうね。
投稿者:ゆうとまま
sakiさんへ
おはよ〜
うん^^
家の子達も歩いてるとクセになっていて家の前でも電車でお出かけの時でもすぐにゴミ拾って私に「ハイ、ハイ」って、私に来ますよ
(笑)
あゆむなんてお出かけの時に自分の持ち物にゴミ袋が必ず入ってます^^;この辺は、女の子特有も含むでしょうけどね♪
私もそんな子ども達に見習っています。
一々、捨てたヒトの事を攻めたり汚いと思う前に自然と拾うようになりました。

http://ayutopapa.naturum.ne.jp
投稿者:ショウタン
sakiさん

私たちは好きでやっているのであって人それぞれ違う形でボランティアをしていればそれで良いのでは、裏山で女性の方が私にどうすれば良いのか尋ねられた事があります
私は一番簡単な気付けばゴミでも拾われたら
と話しました所、その方達は裏山歩きの度にゴミを拾われています
人それぞれ、出来る事に奉仕すれば良いのではないでしょうか
投稿者:saki(*゜-゜)。
こんなに暑い中皆さんの為に水をあげて下さってるのですね・・・
恐れ入ります・・・
80歳の方もだなんて・・・
私たち、若者(たいして若くはないですが)は一体何をしてるのかなぁ〜と考えさせられますm(__)m

http://narusaki.naturum.ne.jp/
投稿者:ショウタン
たかっさん

そうなんです 信念の登山家でいつも責任のある行動で私を引きつける、私の惚れた人物です。この日も東京から応援に駆けつける人がいました信じられない事です
若い女性は看護学校生、玉岡爺にいつも有り難うの言葉を残して家路につきます
補佐役の山上氏も79.9才直ぐに80才
この二人に良き目標を頂きます
たかっさんも一度この小屋利用した登山を奨めします。良い小屋なんですよ
投稿者:ショウタン
松殿(^^)

決して足の引きつけをおこさいないように

すていしょんさん

かなり田舎に転勤のようで
松共々宜しくお願いします
三十代独身男は消さないで下さいね

ゆうとままさん

季節の良い頃パパや子供達と笠捨てに登りましょう。
いつもママさんの応援に頑張れるショウタンです。有り難う

マウンテン

さん、暑かったー 最近山は行っていないようで
笠捨山を捲く郵便道が有る事を知りました
一度行ってみます。

hanasakuさん

ハイ、玉岡代表がいつもそうなるように日程を調整して感動を与えてくれます
又hanasaku隊も持経宿や行仙宿を利用した山行を計画してみて下さい
ナカナカ面白い小屋なんですよ
投稿者:hanasaku
いつもいつもご苦労さまです
>行仙宿にはいつも感動が有る
ショウタンならではの言葉です

http://hanasaku-0525.cocolog-nifty.com/blog/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ