山は楽しい1

楽しくなくっちゃ山じゃないを基本に何でも書いちゃいます

 
「このブログの地図作製に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000,(地図画像)数値地図50000(地図画像)数値地図250mメッシュ(標高)数値地図50mメッシュ(標高)数値地図10mメッシュ(火山標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した物である (承認番号 平20業使、第543号)」

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ショウタン
sakiさん

今度この家の前を通って生石山に登ってみようと思っています
その時キッチリ写真撮ってきます
出来ればご主人に話など聞きたい物です

クロちゃん

ハイ、防風林と言えば、空っ風や、松の防風林を思い出しますが、山村にもあったのですね、おそらく裏山の、生石ヶ峯から吹き下ろす風が強いのでしょうね
この森を抜け、生石山に上がるつもりです
許可が出ればですが
投稿者:クロちゃん
こんばんは♪
長い歴史の浪漫が感じられる防風林ですね。
こういう場所は静かに散策するのに良い場所と思います。
興味ありまーす。(^^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/
投稿者:saki
隠れた田舎ですか・・・
いいですね♪どんなところか見てみたいです。
許可が下りて写真が撮れたら又UPして下さいね〜
投稿者:ショウタン
ゆきうさぎさん

後少しですね
新しい生石山登山ルートを確定中に出会った森です。椎の実や、ドングリの実を拾ったお宮や、お寺の山にそっくりで西峯家が昔の家のたたずまいで存在しているのには感動でした。一度許可を得て森に入り、家の写真撮らしてもらおうと思っています
秋風が感じ出す頃生石山は秋花の山になるそうです。小鳥も多く高原散策は最高と聞いています。花先生もせっせと生石山に通っていますよ

ゆうとままさん

は、そうなんだ秘境中の秘境湯の峯の経験が豊富でしたよね
本当に素晴らしい所ですよね
私は葉の裏が白く見えたら雨が降るの謂われは知りませんが、自然の豊かな木の豊富な所の夕立は特別な物がありましたよね
最近は夕立すらなく、降っても後は蒸し暑く
何か変わってしまった感じがありますが
それだけにこの森は大切に守られてゆきたいものです
投稿者:ゆうとまま
おはようございます
そう言えば子供の頃に湯の峰へ行ってた頃、山が白くなったら(葉っぱの裏が見えたら)雨が来るって、言われてました。
と、言っても山ん中で高地と同じ状況です。毎日のように昼過ぎになるとモコモコ雲が立ち上がってざぁ〜〜〜〜っと、一気に降りさっと上がると夕方とても涼しいです。
マイ市のように降ってましたが、やっぱり葉っぱが白くなったのを見てた印象が強いんですが、今思えば樫の木だったんやろうか・・・

http://ayutopapa.naturum.ne.jp
投稿者:ゆきうさぎ
この小さな森の大きな樹はきっと長年にわたって村民たちを風害から守ってきたんですね
カメラにおさまりきれないほどの偉大な姿になんだかじ〜〜んくる樹の写真です

もっと涼しくなったら生石山・・久しぶりに登ってみなきゃ〜〜♪


http://ameblo.jp/yukiusa-runrun
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ