山は楽しい1

楽しくなくっちゃ山じゃないを基本に何でも書いちゃいます

 
「このブログの地図作製に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000,(地図画像)数値地図50000(地図画像)数値地図250mメッシュ(標高)数値地図50mメッシュ(標高)数値地図10mメッシュ(火山標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した物である (承認番号 平20業使、第543号)」

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ショウタン
すぎっちょんさん

有り難うございます
慎重に登れば案外簡単かも
機会が有れば是非挑戦を
投稿者:すぎっちょん
無事での登頂 おめでとうございます。
こんな所から登るとは、画像で楽しませて貰います。

http://blogs.yahoo.co.jp/ksks12052000
投稿者:ショウタン
dahanさん

お久しぶり、タフという事はありませんがいつか行ってみたいコースですね
古い地図にはコースが載っていますが、岩沢の分野ですね。氷爆はまるで分かりませんからいつか行ってみたいです。リア王、最後の滝がそれだったのかな、氷爆が出来そうな所がいっぱいありました。
投稿者:dahan
険峻なルートですねえ。
ショウタンさんタフすぎます!
昔は石の鼻の手前で山葵谷へのルートが分かれてたみたいですね。
いつかリア王を見に行ってみたいです。
投稿者:ショウタン
ゆうとままさん

ハーイあの谷です
案外のぼれる物ですよ
チョット怖かったけど
あそこ自信を持ってルートを読む事は至難の業です。でも面白いルートでした

ゆきうさぎさん

難易度はお城に忍び込むくらいかな
高度差はソコソコでとにかく人が行かない所です。怖かったーが本音で、怪我は不幸中の幸い備えあれば憂いなしです
後少しですね
ツクツクボウシが鳴き終わる頃が楽しみです
投稿者:ゆきうさぎ
難易度どれくらいなんでしょうね
ショウタンさんたちが難しいルートとおっしゃるのだからそりゃ すごいんだろうなと思い写真を見て文を読み ため息がでました。
高度差、ありますね
しかもヘルメットに落石、耳の怪我は痛々しいですが谷底に落ちたのがヘルメットでよかったですね・・



http://ameblo.jp/yukiusa-runrun
投稿者:ゆうとまま
あぁ〜あの谷・・・
追悼の立て札のあった所ですね
決してショウタンさんの落とし物を拾いに行こうとは、思いませんね
お疲れ様でした。

http://ayutopapa.naturum.ne.jp
投稿者:ショウタン
RIKOさん

面白いコースでした
ヘルメットの重要性を認識しました
メットはここでは書けない代物で惜しくはありません。ただ後が不安でした
今ホームページ書き上げました
リンク先です

http://www.syotann.com/daifugendake0809.html
投稿者:RIKO
すごく困難なルートだったんですね。軽症(?)で済んでよかったです。落石起こすつもりはなくても、よく落としてしまいます。ヘルメットなくしてしまって、残念でしたが、衝撃を受けたものは、使用しないように、って書いてありますね。
すごい達成感だったでしょうね。
投稿者:ショウタン
hanasakuさん
ハハハ、hanasakuさんに逆クイズ出されました。ハイそのコル?です。
ルートは新伯母峰トンネルから大台ヶ原に入り直ぐの山葵谷から入ります。シェックスピア氷貘のルートです

ゆうとままさん

ゆうとままさん本当にメットがあって良かったです。無ければ怪我以上でしょうね
メットは被るべきと初めて感じました
ハイ、待ち遠しいです。
オジンがこれだから本人はモットでしょうね
ゆうとくんお大事にね

blueeyedsoulさん

ハハハ、行くしか手がありませんでした
怖くって引き下がれませんでした
ソウルさんの所に書き込まれた方が偶然に昔
単独でこのコース登られたのだって
今電話で話しました
世の中狭いです

ソウルさんメットは必要ですね
コーナン製品を加工した物だったのです。
購入品の物だったらモット耳切っていたでしょうね。デザイン優先ですから、今回は本当にラッキーでした
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ