山は楽しい1

楽しくなくっちゃ山じゃないを基本に何でも書いちゃいます

 
「このブログの地図作製に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000,(地図画像)数値地図50000(地図画像)数値地図250mメッシュ(標高)数値地図50mメッシュ(標高)数値地図10mメッシュ(火山標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した物である (承認番号 平20業使、第543号)」

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ゆうとまま
utageさんへ
(ショウタンさん、お借りしますね 気づいて読んで下さいますように・・・)
我が家は、いつも家族(子連れ)でやってますので一番弱い物にあわせることは、「常」になっています。
そして、弱者を助ける為に自分に余力を3割以上残す様に気を使っています。
その余力を残すことにとても神経質になり精神的にしんどい時に助けてくれるのは、子ども達の頑張りや笑顔です。励まし合い助け合い・・・支え合っています。
私が、RIKOさんやショウタンさんにご一緒願うのは、自分の力を知りたいからです。これも、他の方々に又、助けて頂いています。
山を歩く事(自然の中に身を置く事)は、同じ時間(「空間」・「時」全ての物や感覚)を共有し、そして乗り越え、乗り越えた者にはゴールが必ず有ることそして、その者達にだけ、「達成感」を味わう事ができます。
これって、一日で「人生」味わってると思いませんか(笑)
素晴らしいですよね
私、いつもそんな風に思ってます。
だから
「楽しく♪安全に!!」が、我が家の合い言葉です。
これからも頑張って下さい。
お父さん♪

http://ayutopapa.naturum.ne.jp
投稿者:ショウタン
だんちょさん

やはり岩は経験がいりますよ
後少し勉強をしないとあのようなコースは無理と感じています
私たちも大普賢岳下山はマタマタ、ヘットランプお世話になりました
疲れが残り足が動きませんでした
反省です

RIKOさん

そうですね、バリコヤはどこから登っても難しいですが、今はテープや小枝、倒木が整理され昔の半分の難易度になっていますが
大川口はやはり岩屋さんコースでした
次回の挑戦は日の長い春にします
モジキ谷に下る予定です
投稿者:RIKO
難所続きのバリゴヤ、大変なご様子がよくわかります。みなさん、すごいです。
大切な経験ですね。バリゴヤの頭って、眺望もよくないし、しんどいだけっていう人もいますが、きっと、登れると自信になるし、何かいいことがあるんでしょうね。
投稿者:だんちょ
まあカラスが鵜のまねをしてるだけなので、あんまり褒めすぎると木に、いや山に登ってしまいます。(あ、それでいいんか?^^;)
ピンチの時にはお互いに気力を高め合うことがパーティを救います。そうゆう意味で全てのメンバーに恵まれ、助けられた山行でした。ナイス!ショウタンです!

今日図らずもまた日没下山してしまいました。大福山だからどぉってことないんだけど、ちょっと気をつけるべきですよね。
それにしても激しい薮ラッセルでした。
投稿者:ショウタン
utageさん

たいそうな、ハイ、今日もシマヤンと強行軍で大普賢岳ピストン登山してきました
ヘロヘロで宴さんの気持ちがヒシヒシ、何度か宴さんやソウルさんの話が出ながら歩きました。強いものは弱いものを助けるのはごく自然の行動です。宴さんの12年のブランクは精神力でカバーできた事は見習うべきと感じています。今日の山行はアレと同じくらいしんどかったですが私たちは二人を見習い頑張り通しました。

nhanasakuさん

ハイすごい事です
これをリードして下さるDannchoさんはまたすごい人です
「成せば成る」を体験できた一日でした
おっしゃる通り無理はいけませんね
今日もその光景を見てきました
ヘリコブターで救出される所を見るとやはり実力は知るべきですね

クロちゃん

クロちゃんのアドベンチャー沢釣りのようなものですがハイ、(^^)
初心者の私が一皮むけました
無茶はいけませんが、シッカリしたリーダーに師事して経験を積んで行く事は自分を磨く宝の用に感じました
今、少し遅いかな60才にして岩沢に目覚めています

すぎちょんさん

イヤーこちらが気付かず住みませんでした
少し記憶力が衰える年ですからご勘弁を
今日の下山はヘロヘロ、シャリバテ、足バテで大変でした。年相応に山登りはしなくてはいけませんよね
アノ後、小普賢岳のコルでヘリコブターの救出劇が有りました。
それを見ていると山は侮ったらいけないなーと感じて、帰りは超ユックリ帰りました

投稿者:すぎっちょん
今日は大普賢で本当にビックリでした。バリコヤ頭の難関ルートの後の大普賢とはさすがですよね〜
そのパワーを少し分けて欲しいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/ksks12052000
投稿者:クロちゃん
ショウタンさん、こんばんは♪
これは凄まじい決死の行軍ですね。
時間がかかるのも頷けます。
アドベンチャー要素の大きい本格登山と感じました。
お疲れさまです。(^^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/
投稿者:hanasaku
すごいことやってますね
先日の金剛山
そしてこのバリコヤの頭
とてもとてもhanasaku隊の手には負えません
ただ、余りご無理をなさらぬように

http://hanasaku-0525.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:utage
ショウタンさん、このたびは本当にありがとうございます。バリゴヤ頂上でばててしまい、皆様にご迷惑をおかけしました。12年間登山から離れていましたが、再開することにしました。何故って?いままでこんなすばらしい人にめぐりあわなかったので、今回、すばらしい方々に巡り会えたからです。ショウタンさんの言葉より、そのパーティで、技術的、精神的に優れた人が、そのパーティで、一番下のレベルの人に合わし、励まし、助ける、それが登山隊なんだ!!この言葉に私は今回の登山のいや、人生のすべてがあるような気がする。人として親として今回はたいへん良い経験をさせていただきました。
ありがとうございます。
また、この場をお借りして、団長、ショウタンさん、シマヤンさん、Mさん、ソウルさん、心よりのありがとう、弱音をはいて、泣いていましたが、登山中に感動の涙でないとのも初めてでした。皆様に出会えたことを心より感謝します。

http://www.geocities.jp/utage3166/hp/main/main
投稿者:ショウタン
ゆうとままさん

本当にマネの出来ないコースでした
無事で帰れて良かったですが本音かな
寒くなりそうです
気よつけてね、風邪引くなよ

奈良の爺々さん

今晩はこのコースは初心者の私には良い経験の出来るコースでした
雨は途中で止みましたが岩意外は意外と滑りませんでしたがやはり安全には安全とロープを多用したのが時間が係った原因ですが14時間に及ぶ山行は思い出の中の思い出になるでしょうね

blueeyedsoulさん

緊張が解けましたか
私も少し疲労が残りましたが又明日大普賢岳に向かいます
次回は超安全なルートでご一緒したいものです。

マウンテンさん

有り難うございます
過信はいけませんね、
天狗倉山〜猪の鼻????
又詳しくは掲示板にお書き下さい

1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ