山は楽しい1

楽しくなくっちゃ山じゃないを基本に何でも書いちゃいます

 
「このブログの地図作製に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000,(地図画像)数値地図50000(地図画像)数値地図250mメッシュ(標高)数値地図50mメッシュ(標高)数値地図10mメッシュ(火山標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した物である (承認番号 平20業使、第543号)」

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ショウタン
RIKOさん


特大雪で行けないとか別な事が起こらないとそうなります。RIKOさんはやはり金剛山で山始まったのだから金剛山は特別でしょう
一日の日は天気によって初日の出を見に裏山に登るかも知れませんが、これは前日のお酒にもよります。ハイ
投稿者:RIKO
干支の山から始めるのですね。私はやはり、金剛山からになると思います。
トトロ峠とか、冷水領、名前に惹かれてどんどん出かけられるショウタンさん、本当に「山は楽しい」ですね。
投稿者:ショウタン
hanasakuさん

玉岡氏は私の登山の目標なんです
83才にしての目の輝きは男惚れする人なんです。ファンは多いです
あそこをRTで、良くご無事で、ショウタンは三回通りましたが今回はハンドルの思いプラド、腕がパンパンに成りました

ゆきうさぎさん

田辺で山からの初日の出は龍神山でしょうか
初詣も多いとか、車で行くと1時間程度で登れます、一度ご主人と登られては如何でか、龍神山、三星山、高尾山、そして天然記念物のひき岩郡、又はナショナルトラスト運動のあのなんだっけあそこが、思い出した天神崎(ペコリ)田辺では有名ですよね
投稿者:ゆきうさ
>来年の初登山の準備下調べに行ってきました


うわわ〜〜
なんて準備のいいことでしょう

夫の実家が田辺なので
もっと楽な登山道ならご来光をながめたいところでしたが・・・きっとおせち料理を作ったあとだからしんどくっていけないよね
ショウタンさんの新年登山のレポートをまた読ませてもらいます。。。

なんて軟弱・・・

http://ameblo.jp/yukiusa-runrun
投稿者:hanasaku
レポにちょこちょこお出ましする玉岡さんの話を聞くうちに
ショウタンの行く末が重なるのはhanasakuだけでしょうか?

4〜5年前、龍神温泉手前からR425で
十津川の確か昴の横へ抜けたような…
あの峠が牛廻越だったのですね
車重300s近いRTで往生したのを今でも鮮明に覚えていますよ



http://hanasaku-0525.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:クロちゃん
ショウタンさん、こんばんは♪
天気はイマイチの中、山を楽しみましたネ。
そんな雰囲気が伝わってきました。
近くても楽しむ心ですね。(^^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/
投稿者:ショウタン
たかっさん

おはようございます
玉岡氏は山が好きなんでしょうね
タダ好きなだけではなく情熱を感じられます
自分の尊敬する今西錦司博士に近づこうとする姿勢はいつも変わらないようです
もう83才いつまで山を楽しまれるか分かりませんが私は玉岡さんに近づくために頑張ります。私の所属する十二支会はモットすごい方達の集いです。ここで山男山女達の元気をもらっています

naruさん

好きならば、情熱があるならば何に向かっても年は関係ないようですね
naruさんのブログhttp://narusaki.naturum.ne.jp/も情熱的に書かれるから私はファンなんです
今日もこの後読まして頂きます

マウンテンさん

そうですね。国道は必ず繋がっているわけではないのですね
425号はドコモココモあの状態なんだ
でも紅葉の綺麗さは最高ですよね
投稿者:マウンテン
425号と言えば、尾鷲市〜御坊市まで続く国道で、ショウタンさんと出合った行仙岳
山小屋までのアスセス道もそうでした。

なかでも、十津川〜龍神間は、425号の
核心道ですね。
投稿者:naru@(
(゜゜;)ワーッ! ご高齢であっても山に向かってチャレンジ!素晴らしいです!
本当に山が好きなのですね!山も好きなのかもしれませんね!なんかそんな雰囲気を感じました!

http://narusaki.naturum.ne.jp/
投稿者:たかっさん
こんばんは、いつも驚かせれますがショウタンさんもそうですが、83歳の玉岡氏747山目の登山もう尊敬するしかないでしょう。きっと何十年も山歩きを楽しみ&ボランティアをされてこられたんでしょうね。
一歩でも近づけるように、まずは山歩きをいっぱい楽しみたいと思います。まだまだお世話になりっぱなしかな?
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ