山は楽しい1

楽しくなくっちゃ山じゃないを基本に何でも書いちゃいます

 
「このブログの地図作製に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000,(地図画像)数値地図50000(地図画像)数値地図250mメッシュ(標高)数値地図50mメッシュ(標高)数値地図10mメッシュ(火山標高)及び数値地図5mメッシュ(標高)を使用した物である (承認番号 平20業使、第543号)」

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ショウタン
たかっさん

書けないけどたかっさんの好きな物が有るのです。
お楽しみにね
投稿者:たかっさん
大和葛城山!自然道は魅力たっぷりです。春の山野草の花の頃にゆっくりと歩きたいです。展望もいいけどお花もね!楽しみです。
投稿者:ショウタン
ゆうとままさん

ママさんがいないとなにやら寂しかったショウタンです
今度ご一緒できますように 

クロちゃん

この山は関西では超人気の山でロープウエイまで有るのですがそれが為に登山道はあまり発達していないようです。
見事な景色、日本の歴史の原点の場所を見られるポイントなんです

RIKOさん

出来る限りオフ会は参加したいです
1度目より二度目と楽しさが倍増しました
力はお任せ下さい。反面頭は使えません

hanasakuさん

hanasakuさん一度爺々さんとご一緒さして頂きませんか、楽しくって又行きたくなります
今回のコースは少しマイナーな様でしたがコースはハッキリと有り楽しいコースでした

すぎっちょんさん

そうですか、お奨めします
自然林にはいるとこの時期癒し系の森になります。結構ハードです
下山のポイントとは笛吹山を探す事でしょうか、見晴しはないですがポイントハンティングも楽しいです

blueeyedsoulさん

ハイ、まいどです
爺々さんにソウルさん達の下山口聞きました
あれ良く探しましたね
ソウルさんの下山口とは少し違うようです
説明したくてもハイ私は出来ません
爺々さんのページにコースが載っていると思います。

sakiさん

金剛山系の食堂は一品購入すれば持ち込みが可能です、ここの食堂は鴨ウドンが名物のようでした。
山頂からの眺めは大阪平野から奈良盆地、京都の山まで見えますよ
春は山ツツジの名所でロープウエイが数時間待ちとか、一般登山も簡単で人気の山です
又、naruさんのツツジ写真みたい物です
投稿者:saki(*゜-゜)。
いいお天気ですね!
360度のパノラマ、気持ちよさそうです。
自分で登ってみたら格別なのでしょうけどこちらの動画でも十二分です(^^ゞ
持ち込みの出来る食堂って珍しいですね!
気さくなオーナーさんなのですね

http://narusaki.naturum.ne.jp/
投稿者:blueeyedsoul
まいどです!
この前葛城山から忍海駅方面に下りましたが
笛吹山には気が付きませんでした。
私たちは山口に下りましたが
左手に行くと山麓公園があるんですね。
爺々さんやタイシさんらが整備されたという
北山道を登ってみたくなりました。
投稿者:すぎっちょん
近くに住んでいるのですが、葛城山の北山道を登ったことがありません。この記事を参考に登って見たいです。葛城山麓公園に降りるコースも初めてです。


http://blogs.yahoo.co.jp/ksks12052000
投稿者:マウンテン
葛城山、金剛山の隣りの山ですね。
360℃のパノラマのショウタン実況を聴いて、思わず登りに行きたくなりました。
コースも色々ありますね。
まだ、登ったことがないので、機会を見つけて行きたいです。
投稿者:hanasaku
いつものどちらかというとサバイバルな山歩きと違って
楽しいそうな葛城山だったようですね
それに、寒波来襲の予報とはうってかわったような日差し
会話も一段と弾んだのは容易に想像がつきます

http://hanasaku-0525.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:RIKO
さすが、力持ちショウタンさんでした。重い倒木をどけて下さってありがとうございました。ぐぐったり、またいだり、笹をよけたり…あの面倒さが面白かったですね。
番水時計なども見学できてよかったですね。

投稿者:クロちゃん
ショウタンさん、こんばんは♪
広い山頂に360度のパノラマ、気持ち良さそうです。
道中は結構ハードそうでね。(^^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ