尾張旭あれこれ

尾張旭市に居住して40年がたちました。退職してから、じっくりと自分の住むまちを見つめなおしています。意外に古い歴史があり、自然も豊かです。しかし、開発の波に押され、貴重な文化がどんどん失われていくのも現実です。備忘録のように、尾張旭とその周辺のことを書き留めておこうと思います

 

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:masa 
コメントありがとうございます。横井信之氏の一族は、多くの方がお医者さんだそうです。私の知人に医者で寺島さんという方がいますが、奥さんが横井家の出でした。キャッスルホテルの北側に好生館時代の赤レンガの塀が残っていましたが、それも取り壊されてしまうのでしょうね。
投稿者:ひろくん
2001年に他界した母が好生館の看護婦をしていました。いつも病院の話をしていました。昭和20年5月14日、空襲で避難する時に名古屋城が落城する時の話をよくしていました。「あんなに、歩けなかった患者さんがいざという時には自力で歩いちゃうんだよ」の話を覚えています。普段の会話の中で、横井先生という言葉が良く出ていました。そういえば、もう60年前ですが、弟が入院したのも名古屋の「横井外科」でした。30年位前に病院の本が発行され母も取得しました。お堀端で名城がとてもきれいです。跡地に建てられたキャッスルホテルも一昨日、閉業しました。樋ノ口町だけが残りました。
投稿者:はまゆう
てらーTOYさま

ネットで好生館医事研究会雑誌
故鈴木博士追悼号を購入しました

かの写真の院長先生の左隣の首をかしげた
男性が故鈴木先生であると分かりました
また この号で
母親はこの年の2月に退職し
鈴木先生の追悼記事に 
祖父が寄稿していることも
分かりました、、

この欄を提供していただきました
masaさまに 改めて感謝をさせて
いただきます

本当に ありがとうございました

失礼します
投稿者:てら−TOY
はまゆう 様

あの写真についての詳細は不明です。詳しいことが分れば鍋屋町風信のコメントに書き込みます。少しお待ち下さい。。

ブログ「鍋屋町風信」
http://silver.ap.teacup.com/applet/nabeya-cho/msgcate4/archive?b=30


http://silver.ap.teacup.com/nabeya-cho/
投稿者:はまゆう
てら-TOYさま

ブログ 鍋屋町風信 
を興味ぶかく拝見しました

その中の旧い写真のなかにある
病院正面玄関の写真の中に
他人の空似といいますが
若かりし頃の母親の写真そっくりの
女性がいました
上段のソテツの左にいるひとです、、

つきましては 教えて頂きたいのですが
この写真はいつ頃の写真でしょうか、、

母親の忘備録では当時の
院長兼外科部長先生は
横井斉先生となっていました、、

失礼します

投稿者:てら-TOY
はまゆう 様

レスをありがとうございます。

>好生館病院勤務の後に豊川?豊橋?の病院に勤務をしていたようです

豊川には軍需工場があり、病院もあったと聞いております。

>当時の内科部長が鈴木信義先生で亡母の父親と大学の同期生ということで就職させてもらったようです

鈴木信義先生は好生館の祖、横井信之の一族です。昭和17年に発行された「好生館医事研究会雑誌」は鈴木信義先生の追悼号となっています。以下のURLをご覧ください。

ブログ「鍋屋町風信」
http://silver.ap.teacup.com/applet/nabeya-cho/msgcate4/archive?b=30

投稿者:はまゆう
てら-TOYさま 追記です

好生館病院勤務の後に
豊川?豊橋?の病院に勤務を
していたようです

空襲が激しくなってきたということで
帰還命令がでたということです

以上 おぼろげながら思い出しました

失礼します

投稿者:はまゆう
てら-TOYさまへ
お返事遅れまして申し訳ありませんでした

亡母は東京女子医専卒後に 東京の石川島の
診療所で勤務の後に
当時の内科部長が鈴木信義先生で
亡母の父親と大学の同期生ということで
就職させてもらったようです

これらの情報は昭和60年1月12日づけの
朝日新聞三重北勢版わが家の一枚 東海写真館
という題名で 昭和2年ころの好生館病院が
当時勤務されていた室月壮氏のご子息さま提供の写真が掲載され
亡母が室月栄氏にお手紙された内容が日記に
残っていて分かったものです

亡母が西三河の病院に勤務をしていたのかは
申し訳ありませんが不明です

亡母は 三重県四日市出身で 小柳和と申します

失礼します
投稿者:てら−TOY
はまゆう 様

「鍋屋町風信」のてら−TOYです。

>亡母は昭和14年女子医専卒で四年ほど好生館病院内科に勤務していました

ひょっとして、お母様は西三河の病院にお勤めでしたか?


http://silver.ap.teacup.com/nabeya-cho/
投稿者:masa 
好生館病院は、創立者横井信之の御子孫のひとりが東区鍋屋町の寺島薬局さんです。寺島さんのブログ「鍋屋町風信」で好生館病院や横井信之について記事を書かれています。
http://silver.ap.teacup.com/nabeya-cho/
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ