尾張旭あれこれ

尾張旭市に居住して40年がたちました。退職してから、じっくりと自分の住むまちを見つめなおしています。意外に古い歴史があり、自然も豊かです。しかし、開発の波に押され、貴重な文化がどんどん失われていくのも現実です。備忘録のように、尾張旭とその周辺のことを書き留めておこうと思います

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:masa
 よくわかりませんが、明治〜大正期のものでしょうか。
 土雛・土人形は、東海地方だけでなく全国的に幕末から明治期に一般の農家や商家に広まったようです。
 武家や公家の上流階級の絹の着物を着せた雛人形に対して、安価で手に入りやすい土型に彩色した土雛を各地に売りに歩く行商人がいたそうです。
 明日のブログに大正村の土雛を載せます。
投稿者:tera-toy
信用金庫の広告窓のお雛様、岩村町で見た土雛に似ていますが、古いものでしょうか。
私の友人で土人形を収集している人が居り、三河の土人形を見せて貰ったことはありますが、東濃でも盛んだったとは知りませんでした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ