尾張旭あれこれ

尾張旭市に居住して40年がたちました。退職してから、じっくりと自分の住むまちを見つめなおしています。意外に古い歴史があり、自然も豊かです。しかし、開発の波に押され、貴重な文化がどんどん失われていくのも現実です。備忘録のように、尾張旭とその周辺のことを書き留めておこうと思います

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

メッセージBOX

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:masa
掃苔といいつつ写真を撮らせていただいていますが、いつも手を合わせて葬られている人への思いを忘れないようにしたいと思っています。しかし安易にブログへ写真を載せすぎているなと反省いたします。
投稿者:きさらぎ
平和公園、建中寺墓地の宗春公墓碑を訪ねてきました。後ろに並ぶ多くの「卵塔」は私には確認は出来ませんが、お話のように建中寺高僧の方のものと思います。台座に**上人云々と文字が読めますが私の浅学ではここまでです。
東後の相応寺墓地に、竹腰・石河家老の墓碑が宗春公を見守るように建っています。
墓石撮影は、私には、何となく、怖いのと、御子孫に失礼があるといけないので控えています。

http://www.geocities.jp/cnmyk558/
投稿者:きさらぎ
伊藤萬蔵さんの「覚王山一万体弘法様」ビデオ(10年以上前の民放名古屋スペシャル番組)を見直しました。
掌に乗った様子から見ると10*5センチ位です。底の縁に刻印が有ります。私の家の物は5*4センチですから、姿は同じですが小さく別物と思います。


http://www.geocities.jp/cnmyk558/
投稿者:アキ
宗春の墓わきには「陳ゲンピン」の墓石があります。(建中寺の門前に陳ゲンピン墓所と掘られた石もありますが)この方、武術も伝えたという説もあり、太極拳の楊名時老師の有志が奉納したものと思われる、富士山の山のようなものが置かれています。観に行かれる時は「陳ゲンピン」の墓脇も調べてみると面白いですよ。

http://blog.goo.ne.jp/aetetennkanosakitarazu
投稿者:アキ
 伊藤萬蔵の弘法大師、我が家に伝わっています。1対(一体は一回り小柄)なのですが、はじめから1対(二体)だったのか?よくわかっておりません。僕の曾祖母が井戸から掘り出したという伝説めいたものがあります。ですが、舟橋武志氏のご教授によりますと伊藤萬蔵氏が覚王山で弘法大師の像を一万体配ったらしく、そのものらしいです。家はお大師様の真言宗ではなく、浄土宗なのですが、仏壇の中で違和感無く御鎮座されています。さすがに我が家の弘法大師を公開するつもりはありません。
ですが上の写真の弘法大師見てみたいですね。

http://blog.goo.ne.jp/aetetennkanosakitarazu
投稿者:masa
平和公園の宗春の墓の後ろにそんなに卵塔が並んでいましたか?多分、建中寺の歴代の住職の墓を並べたものだと思いますが・・・。私も一度調べてみます。
投稿者:きさらぎ
「卵塔」は僧侶のお墓という事。教えて頂き有難うございました。
平和公園にある宗春公の墓碑の後ろに、ズラリと並ぶ大きな「無名のっぺらぼう」の卵塔は、ずっと疑問のままでしたが江戸幕府への配慮があったのでしょうか。移設前の建中寺当時の配置はわかりませんし、歴代藩主の墓碑などは・・。
しばらく行っていないので一度、平和公園へ行って来ます。


http://www.geocities.jp/cnmyk558/
投稿者:masa
清水の八王子神社のお祭りですね。竹藪地蔵は41号に面しています。清水と清水口のまんなかあたりです。残念ながら6月30日はカルタイの大会の日ですね。私は、カルタイの打ち上げの方へ出なくてはなりません。実行委員ですので・・・。残念。
投稿者:tera-toy
志水口まで行ったついでに、竹薮地蔵を探していたら、街道筋沿の笹提灯が目に入り、あの辺りを探訪してきました。鍋屋町のちょうちん祭りは6月30日(土)です。兼松さんから笹を頂けることが決まり、楽しみにしています。
投稿者:masa
ご指摘ありがとうございます。右側の像は、独鈷杵を持っている僧姿なので弘法大師かなとは思っていました。伊藤萬蔵の刻印があると面白いですね。左側は女性像のように見えますがどうでしょう?今日、もう一度行って確認してみます。
西区八坂神社というのはどこにあるのでしょう?調べてみまして行ってみます。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ