尾張旭あれこれ

尾張旭市に居住して40年がたちました。退職してから、じっくりと自分の住むまちを見つめなおしています。意外に古い歴史があり、自然も豊かです。しかし、開発の波に押され、貴重な文化がどんどん失われていくのも現実です。備忘録のように、尾張旭とその周辺のことを書き留めておこうと思います

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:masa
『有頂天ホテル』も三谷幸喜ですね。封切りされたら、ぜひ観に行くことにいたします。
来年もよろしくお願いいたします。花散里様のおかげで、興味・関心の幅がずいぶん拡がりました。
投稿者:花散里
押し迫ってまいりました。
が、私はいたって呑気で、マイペースで新年を迎えます。
浅薄非才を露呈しましたが、楽しく書き込みをさせて頂きました。ありがとうございました。
来年の初映画は『有頂天ホテル』オススメです。
よいお正月をお迎えください。
投稿者:masa
映研でしたか。8mm映画を製作していたのかな。最近は、映画を観なくなりました。今年は、6月にキノシタホールで井筒監督の「パッチギ」を観たきりですね。来年は、もう少し映画館に通うことにします。また、情報をお教えください。
さて、とうとう大晦日になってしまいました。三が日は、実家や親戚まわりでブログどころではないかもしれません。2日から4日までteacupもメンテナンスだそうで、このブログも正月休みということになりそうです。
投稿者:花散里
市役所の写真も、今拝見しました。
『笑いの大學』はよかったですよ。オススメです。
映画は大好きでよく見に行きます。生意気盛りの高校生のころ、映研にいました。
最近はブログでも紹介されていた『ALWAYS 三丁目の夕日』を。また、名演小劇場で『カーテンコール』を見ました。名演小劇場は地味ですが、私好みの映画がよく掛かります。
昔のミリオン座はよく行きましたが、新しくなってからはまだ。シネコンのようになっているのでしょうか。
「お正月は映画」は遥か昔、ですね。
投稿者:masa
そうでしたね。私は映画を見ていませんが、話題になりましたね。今、市役所の記事を作成していますので、写真を探して載せましょう。市政資料館でもロケが行われたのでしょうか?
花散里さんは、映画もよくご覧になるのですか。伏見ミリオン座へはもう行かれましたか?
投稿者:花散里
昨年、三谷幸喜原作『笑いの大學』という映画を見ました。昭和15年の話で、当時の雰囲気を色濃く残している建物、ということで市役所でも撮影が行われたとか。
愛知県庁舎も名古屋市役所も外からはよく見ます。建物の中の様子は、映画で「こんな感じなのね」と思いました。
映画の一場面で、市政資料館の中から外を眺めた景色にそっくりの場所がありました。ここでも撮影したのかしら?
投稿者:masa
神社などは、“平成の御大典”などと使っていますけどね。一般の人には死語に近いですね。戦前は、“大正の御大典”、“昭和の御大典”と奉祝ムード一色ですね。昭和恐慌のまっただ中で名古屋市役所の新築を行うのですからね。
投稿者:yamori
即位の大礼を御大典(ごたいてん)、なんて今は通
じない。死語に近いかも知れませんね

=aCanshin@nna so-net.ne.jp
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ