尾張旭あれこれ

尾張旭市に居住して40年がたちました。退職してから、じっくりと自分の住むまちを見つめなおしています。意外に古い歴史があり、自然も豊かです。しかし、開発の波に押され、貴重な文化がどんどん失われていくのも現実です。備忘録のように、尾張旭とその周辺のことを書き留めておこうと思います

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

メッセージBOX

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:masa
昨日は、橦木館までお出でいただきありがとうございました。お会いできずに残念でした。「なごや歴史ナビの会」の会合を行っていました。来春に刊行される本の打ち合わせをしていました。きさらぎさんもよろしければご参加ください。
水谷盛光さんはどうされていますでしょうか。北区に住まわれていたと思いますが、ご存命なら96才ですね。
投稿者:きさらぎ
昨日は北区大杉小学校の運動会へ孫のビデオ撮影(7年連続)に行き、帰り道、撞木館に伺いました

「文化のみち」は、何度も訪ねていますが、masa様にご挨拶できるかなと日焼けで汗だく赤鬼状態でしたが立ち寄りました。お集まりの場所を教えて頂きましたが朝から汗ビッショリでしたので控えました。改めて伺います。
名古屋城については、水谷盛光さんが多くを著わされ、TVにもよく出ておられましたが、今もご健在なのでしょうか。「なごや物作家」大野一英さんは亡くなられましたが、お二人からは多くの名古屋情報を知る事ができました。
それでも自分の目、耳、足で確認しなければ確証は得られません。予備知識〜現場〜裏付けが必要です。
現地では、思いがけない発見もよくあり訪ねる価値は充分あり楽しみでもあります。
昨年、建中寺で頂いた「元贇焼」の一つは、まだ食べずに残してあります。
「東区文化のみち あれこれ」は是非頂きたいものです。
季刊「C&D(特集 文化のみちを歩こう)」も「撞木館」で偶然、廉価で購入出来、幸運でした。
又、伺います。建物で、一つ疑問もありますので・・。

http://www.geocities.jp/cnmyk558/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ