尾張旭あれこれ

尾張旭市に居住して40年がたちました。退職してから、じっくりと自分の住むまちを見つめなおしています。意外に古い歴史があり、自然も豊かです。しかし、開発の波に押され、貴重な文化がどんどん失われていくのも現実です。備忘録のように、尾張旭とその周辺のことを書き留めておこうと思います

 

カレンダー

2020年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

メッセージBOX

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:masa
千国街道「塩の道」というのは、信州でしたね。若い頃はスキーや登山によく出かけました。大糸線の大町、白馬、栂池、小谷など越後に抜ける道ですよね。私も行きたくなりました。
投稿者:kawa
コメントありがとうございます。宮本常一さんや富岡儀八氏の「塩の道」の研究。名古屋では塩付街道でしょうか。先般、千国街道「塩の道」を歩いてまいりました。
投稿者:masa
tera-toy様 kawa様
コメントありがとうございます。
足助から小渡を抜け明智・岩村と繋がっていたのでしょうね。飯田方向は伊勢神トンネルができる前はどこを通っていたのでしょうね。
足助はいつも季節にあった行事が行われていますね。来月は「足助まつり」、11月になれば紅葉。2月にはひな人形と。
昨日、足助の加東家のおばあちゃんに昔話を聞きました。吉良などで作られた塩は、足助で山道を歩む馬の負担を減らすために小さな包みに入れ替えが行われたそうです。「塩の道」も子細に調べるといろいろ出てきますよね。古代以来続く道ですから。
投稿者:tera-toy
今年の春、バスツアーに参加して、岩村と足助のお雛様を見て回りました。どちらも程ほどに賑わっていて楽しい旅でした。「岩村と足助」の間も古い道なんでしょうか?
投稿者:kawa
足助は趣があります。「旅」11月号の「小さな旅」で
紹介されます。名古屋及び周辺の「塩の道」について調べるとおもしろいと思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ