尾張旭あれこれ

尾張旭市に居住して40年がたちました。退職してから、じっくりと自分の住むまちを見つめなおしています。意外に古い歴史があり、自然も豊かです。しかし、開発の波に押され、貴重な文化がどんどん失われていくのも現実です。備忘録のように、尾張旭とその周辺のことを書き留めておこうと思います

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

メッセージBOX

掲示板

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:柳河一夫
私は残念ながら血がつながっておりません
祖父が子供が居なかったので父が養子です
祖父の弟が(他界)東京の白河町にいます
祖父が無くなった時にそちらに全て残ってる春三の関連物は持って行きました
今でも子孫の方は白河に住んでますよ
投稿者:masa 
柳川さまは、東京にお住まいですか?名古屋には一族の方はお住いでしょうか?
これまでに私の記事を読まれて、平岩親吉や伊藤圭介の御子孫の方からコメントを寄せていただいています。
投稿者:柳河 一夫
ご先祖様の一端を知ること出来て有り難う御座います
投稿者:masa
いずれも県立図書館や鶴舞図書館には、あると思いますが、古書でも出回っていますので「日本の古本屋」といったネットででも検索してみてください。
投稿者:川村
お答えくださって本当にありがとうございます。助かりました。是非参照させて頂きます。
投稿者:masa
旧版の「名古屋市史 人物篇」の第2巻でした。昭和9年発行、昭和43年に復刻版が出ています。「明治の名古屋人」は、名古屋市教育委員会が昭和44年に出したものですが、内容は「名古屋市史」の記述を踏まえています。ただ、こちらには春三と著書の写真が載せられています。
投稿者:masa
旧版の「名古屋市史 人物篇」と「明治の名古屋人」だったと思います。
投稿者:川村
2006年6月の柳川春三に関する記事を読ませていただきました。
とても参考になりました。
実は現在執筆中のレポートで柳川氏の書いた国語教科書『ういまなび』について調べており、柳川氏についても色々と調査しているのですが、この記事を書くにあたって何か参考にした文献等がありましたら教えていただけないでしょうか。かなり前の記事ですし、突然でとてもぶしつけだとは思いますが、もしお暇があればよろしくお願いいたします。
もちろん自分でも調べますし、無理は言いません。突然のメール失礼いたしました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ