森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:竹蔵
小田原市場で韓国産のイトヨリ(鮮魚)が箱で並んでいるのを見たことがあります。小売店がこの市場で仕入れるわけですが、まあ気にして買う人は少ないでしょうね。

ノドグロの干物、小型で一匹2000円なら国産かもしれません。サイズの小さいものはとうぜんキロ単価も安くなります。

今日は東京からのお客さんで、夕方富士で一杯やりますよ。
投稿者:ハイジ
お世話様でした。
大変よくわかりました。
広告の干物は1枚あたり2000円弱、おっしゃる通り
中国、韓国、北朝鮮辺りの産を日本で加工と言った処と
推察されます。お勉強になりました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ