森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:竹蔵
taka,ありがとうです。

植物は四季で変化するし、プロといえど判別は簡単なものではありません。
でも、takaのようにヒントを出してもらえるだけでいいのですよ。普通はそれすらも無理なのです。

今日もまた酔っ払い。明日は漁に出ますが、心は同じです。だよね!
今年は何度か遊びましょうよ!
投稿者:taka
シロハラのいる木、ウルシ科のヤマハゼかハゼノキではないかと思います。

実をもう少しよく見るとわかるかもしれませんが、他は葉に毛があるかないかなど、ほかの季節の状況をも見ないとなんとも判断できないですね。(ムズカシイ)

ハゼノキは紅葉がとてもきれいでよく目立ちます。でもウルシ科の植物はやっぱり
鳥にもおいしくないのでこんな時期まで実が残るのでしょうか。

そういえばヒヨドリジョウゴの赤い実もよく残っていて、あれもおいしくないのかなと思いましたが。(先月河津へ行く途中、林道の山側にはったフェンスにからまって実がついてるのをたくさん見ました。)

台所用のジップロック、グッドですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ