森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
ほぼ完全夜行性のフクロウだって昼間飛ぶこともあるぐらいだから、ムササビも明るいときに飛んで、エサを見つけておくなんてことがあるかも。

しかし、その他のエサの多くは夜見つけるのだろうか?

わたくしめ、植物音痴は自覚しておりますが、隊長の知識も偏ってますねー。
投稿者:三四郎
takeさんへ

アオキの実が熟して発酵臭がでたとしても、臭いで位置づけするのは難しいと考えている。

ぼくは上京して始めてアジが下宿の夕食に出された時まで知らなかった。ユーミンとムーミンとイルカの区別もつかなかった。TOKIO!え?東京じゃーないの?2、3日前知った。知らないことがあっても問題ナシ!
ハコベは子供の頃十姉妹やカナリヤに与えていたよ。

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
投稿者:take隊員
アオキの実、ムササビが熟したのを知るの、ほんとうに不思議です。

フクロウの巣立ち、疑問もあります。フクロウ観察のHPではあと一週間ぐらい巣の中にいるはずなのです。でも、巣が狭いし、低い位置にあるし、早めの巣立ちというのもありそう。

チビの巣立ちを確認できればはっきりしますが、飛べるようになるまでとうぶんかかるはずだから、根気よく探してみます。

ハコベはよく聞く名前ですね。どこででも見るから、きっとそれです。
やばい! アジってどんな魚、って聞いているレベルだね。
投稿者:taka
天昭山神社にいったときはもっとフィールドサインを探せばよかったと思いました。巣穴を見るとそればっかりに夢中になってしまい、下を見るのを忘れていました。食べカスやフンがあったかもしれない。

前述のことですが、フクロウってそんな巣立ちが早いのですか。オドロキ!

あとキジが食べてた草って・・・ハコベじゃないかと思うんですが・・・。
ちょっと小さくて確証はもてませんが。
投稿者:三四郎
拡大しても鮮明!
う〜ん、やはり早めの一眼レフか!
なるほど、フクロウなどの猛禽もいるね、ムササビは怖いフクロウが餌さ動物をじっと探している同じ夜間に活動するの?滑空しても摑まる。場の状況に応じて昼間動きまわっているのもいるかもね。
そうそう、アオキの赤い実をどうやって夜中にムササビが見つけたのか、それが不思議なのです。視覚?嗅覚?暗闇だから嗅覚で?赤い実を食べているということは視覚だと思います。すると、昼間も活動している?

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ