森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
あのフクロウの樹洞にコウモリが入りますか?

たしか、20、30センチ積もった巣穴のゴミをかき出しているときに、出てきたものです。

日本の哺乳類学、探検隊で少しでもなんとかしましょう! あちこちでリスの論文探すのですが、ほとんどみられないし、糞ですら写真もなく、たぶん動物園でしかみられません。

学者にとって、糞だとか、何を食べているとかは、あまり実績にならないのですかねー。

畑、一緒にやりますか?
投稿者:三四郎
この糞は、ネズミかコウモリのどちらかのものです。
今となればダメですが、コウモリだと昆虫の羽根などが内容物に含まれますね(100均で茶濾しを買い、それに糞を容れて水洗い)。

どんなネズミ?どんなコウモリ?不明です。日本の哺乳類学はまだまだ底が浅いです。

あー、農業をしながらゆったりと暮らしたい。が、明日も学校だ。

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ