森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
隊長も一人動物の骨格標本を、しかも一般にわかりやすくしたものを作るなど、ほんとうにたいへんですね。

動物番組などけっこうあるのに、日本の野生動物観察を趣味にするような人が増えないのは、いい図鑑や案内書がないのも原因ですかね。

先日、朝日新聞の声欄に「ウグイスの鳴き声を久々に聞いた」ってような記事が載っていて、思い出したけど、住宅街ってウグイスの鳴き声すら聞こえないないんですね。

想像するに、日本の都市部の森のないところに住んでいる人、全部合わせると4000万人ぐらいの人が毎日野鳥の鳴き声すら聞かずに生活しているかもしれないですね。

日本よりはるかに森の少ないヨーロッパ人の方が、もっと野生動物に親しんでいるように思う。

私もリスのエビフライだけはなんとかしなくっちゃ!
投稿者:三四郎
そのうちせめて日本産の動物や牛や馬たちの骨格を部分別にHPに載せたいと思います。
同じ形ばかりを強調する一方、ここがこのように違うと相違点を誰もが判るようにはっきりさせたいです。

ヒトのも昔、サルや他の哺乳類との交換で貰い受けることになっていました。
が、僕の部屋に持ち込まれることはありませんでした。
ヒトの骨は人体解剖図譜やネットで見るだけです。

ところで、農業は大変ですネ。

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
投稿者:take隊員
昨夜、始めの3行を酔眼で読みかけ、ヒョエ〜となった。

警察に届けなきゃ、なんて真顔になったら、ン? 隊長の冗談だった。人が悪い!

小さい方の骨、発見したおり大きいのにくっついていたから、間違いないでしょう。
前足とは、人間なら手ですね。
足だって、小さい方の骨はないですね。

少し考えれば判りそうなものなのに、思考が停止してしまいました。失礼。

でも、ほんとに何でここにあるんだろ?
投稿者:三四郎
take隊員さんへ

これは、間違いなくヒトのものですね。どこかに埋められていたのを動物が掘り起こしたのかな?

となると一大事件ですね。

橈骨の形状からしてシカなどの有蹄類のものだと思います。念を入れてその逆というか裏側からの写真も欲しいです。
左の骨はヒトの手首のところにあたるものです。
そんな大きな骨はヒトの手首にはありませんね。

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
投稿者:take隊員
えっー、あの骨、長さがジャスト26センチなのですが・・・。

写真、広角レンズで嘘つきなのです。

はやく人間のでない、という結論をくださ〜い!

投稿者:三四郎
この骨は、前足の橈骨である。右端が上腕骨に接する。で、手前側に尺骨がついている。
イノシシとシカの骨格は持ってないが、カモシカを持っているので、大人2個体分の橈骨の長さ、一本は19センチ、他は20センチである。
写真のものは22センチ以上なので、カモシカやイノシシは除外される。ヒトやサルの橈骨ではない。ちなみに僕のでは26センチくらい。
すると、やはりシカの可能性が大である。

教訓、これからは丹沢ではありふれたシカの死骸もきちんと拾うことにしたい。

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ