森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
トトロ、できるなら森で自由にふるまっているリスやフクロウを見てからにしてほしい(といってもむずかしいですが)。

宮崎駿の作品、どこか宮沢賢治の世界に似てません?
どちらもいろんな個性的動物が出てくるし、空想の世界が現実にせまっていて面白い。

聞いたところによると、宮沢賢治はフクロウの巣を見つけ、夢中で観察していたとのこと(誰に聞いたか忘れましたが)。



投稿者:FLIPPER♂
テナガザルがよくやる仕草ですよね。
でも、細い枝で食事するには理にかなってる気がします。

トトロ、もう一回見てみようかなー。
ボニョが先かな。
投稿者:take隊員
4年前はともかくよく現われてくれて、不思議の世界に迷い込んだような気分でした。

でも、この写真のリスのクワの枝が翌年の台風でばっさり折れてしまい、それからあまりゆっくりしてくれなくなりました。

このときにいまの300ミリがあればよかったけど(180ミリで撮った)。
いつかまたそんな場所をみつけますね。
投稿者:三四郎
これまた、すごく可愛く楽しい写真だ!
リスがこんな風にぶら下るなんて、、、。
それをすかさずカメラにおさめるなんて流石です。


http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ