森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
これだけの写真では専門家でも同定は難しいハズですが、さすがはisa隊員と隊長です。

isa隊員は実を剥きタネを取り出し撮影しているし、タネをきっちり洗っているのがすごい。
図鑑に使用するとはいえ、みならわなくてはと思いました。

それに、私の写真は記録できればいい、というレベルがどうも多すぎるね。
投稿者:三四郎
上の2枚の実だけの写真では何かなぁー?と思いましたよ。しかし、3枚目の枝に葉と実がついたのは、もう専門家のisa隊員のおっしゃっているエノキそのものですね。
しかし、どうして一枚目の写真の実のつき方はエノキとは思われない。が、よくみると実と実の間に葉が付いていたような痕がみえます。

そうそう、植物を同定してもらい時、葉一枚、実一つではダメで、樹木なら、30センチ以上の枝を標本としなければなりません。草本なら、根まで含めて全てです。そのくらい、植物は似たものがあり難しいということですね。

写真を撮る場合も、上記の事と、全体の樹形・樹皮なども大事ですね。

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
投稿者:take隊員
実の分解写真から見たらエノキの他に同類はないように思えます。isa隊員の著者、「樹木図鑑」では葉が厚いように見えたし、タネの付き方が少ないように思えました。

でもさすがですね。実を割り、タネを取り出して撮影するのはすばらしい!   

投稿者:Isa隊員
エノキじゃないかと思うんですけど
http://anthois.sakura.ne.jp/zukan/zu04b/fnnk30-1.html
上の写真は葉が落ちて実だけがついているようですが、ずいぶん実づきがいいですね。
味はちょっと甘くて粉っぽい感じです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ