森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2020年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:岩のみほ
え〜〜きくらげって海のものかと思ってました(恥)
ほんとコリコリしておいしそ♪。うぐいすも鳴き始めは音痴なんですか?喋り始めの赤ちゃんと同じで可愛いですね☆
投稿者:岩のみほ
え〜〜きくらげって海のものかと思ってました(恥)
ほんとコリコリしておいしそ♪。うぐいすも鳴き始めは音痴なんですか?喋り始めの赤ちゃんと同じで可愛いですね☆
投稿者:take隊員
私がリス観察を始めた6年前の林道は、まる一日いて一人にも出合わないこともあったほど。

それが4年ほど前に開園した幕山梅園からガイドマップ片手に登ってくる人がゾロゾロ。
それと、青青と茂っていた松が次々と枯れてしまっている。

魅力的だったフクロウの森にある松の大木も20本ぐらい枯れてしまった。なにしろフクロウの巣の100才ぐらいの松も枯れたのだからどうにもならない。

その上に、観察者の私が、リスの隠れて通る通路まで見張っているし、ノスリやテンなどの天敵の多いこと。

たぶん相当数を減らしているのだと思います。

でも観察を続けるしかないですね。
投稿者:三四郎
おー、キクラゲ!
美味しそうだ。
今日は雨なのでさらに成長しているだろう。

リスが見当たらないのはどうしてか?
リスが警戒をし始めているのでは?
コテツはどうしたのか?
のんびり出てくるのを待つよりないですね。

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ