森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
リスのエビフライの中に、開いた松ぼっくりを食べたものもかなりあります。
しかも鱗片を一つ残さず最後まできれいにかじりとってます。

これから考えると、開いても実を飛ばさないでいるものもありそうです。
4月3日のリスが樹上で食べているのはその膨らみ具合から開いたものだったね。

しかし、天気がいいいと開くのに、秋まで実を落とさないなんてあるのかな〜。
採取して調べるしかないね。

ほんとに閉じている松ぼっくり、ないのですよ。
不思議だな〜。
投稿者:k-ta隊員
図鑑をあらためて確認すると、やはり松ボックリは翌年の秋に熟すと書いてあります。

全部開いたのって、全部熟していて開くタイミングになったから開いたのでは?

子ボックリ状態っていうのが二枚目の写真だとしたら、これは雄花なのでこれからもう少し枝が伸びて雌花がつくはず。これが受粉して松ボックリになるから、経過観察だったら、この雄花の枝を定点でみていくといいかも。

図鑑に書いてあっても確かめたことはないから興味深々。

しかし、リスが食べてる松ボックリはやはり前年熟したもの? 開いてタネを飛ばさずにいたものを見つけて食べてるのでしょうか?

想像の域をでませーん。
投稿者:take隊員
エビネもキンランもチェックしていません。

どうも、動物のエサになる植物以外、目が向かないようです。

今週末は仕事なので、来週あたり探検隊のミーティングをやりましょうか?
連絡します。
投稿者:三四郎
不思議だからおもしろいですね。
「子ぼっくり」って楽しいくらい実に巧い表現で、良く判るね。

そろそろ林道のあちこちでエビネやキンランが咲いているのかな?

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ