森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:三四郎
ハクビシンどころかテンやタヌキもアナグマも夜行性の動物と思われておりますね。
しかし、テン、タヌキ、アナグマは昼間にも出会います。

ハクビシンも外敵がいないところでは昼間にも活動しているのではないでしょうか?
ハクビシンは果樹園に出没する動物として知られていました。果実を目的とするには、果実が熟した匂いを嗅覚で感じるとともに目でも判断しているのではないでしょうか?
そうでなければ木に登るのも難しいと思いますが、、、。

ネットで頭骨を見ると、テンのものとそっくりですね。しかし、一回り大きい頭をしています。

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
投稿者:take隊員
上の糞はクワの実が多く、下の糞はサクランボがメイン。どちらも交じり物がないですね。

ボールペンの直径が10ミリなのでテン糞よりあきらかに大きいです。
これほどハクビシンの可能性を示す糞は初めてですね。

ハクビシンが木に登っているところを写真に撮ってみたいですね。でも日中登ることははまずない?
投稿者:三四郎
このような形の糞をするのは、タヌキかアナグマもいますね。
この糞、完全に果実のタネと果皮と果茎だけのようですね。
しかし、両者とも地面に落ちた実を食べるので、糞中に土が混じります。さらに、ミミズやヤスデなどの土壌動物や昆虫も混じりますね。

テンは始めっから除外しました。
テン糞はこのようなコロッとしたようにはならないからです。

ハクビシン、是非写真を撮って!

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ