森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハダカイワシ
失礼します。
この写真はハダカイワシではなく、キュウリエソですね。ムネエソ科の魚です。
投稿者:take隊員
隊長、最近ブログさぼってばかりですみません。

リスが見られなくなったので少々テンションが下がってます。6年ぐらいやったので一区切りしたカンジもあります。
これからまた新たな気持ちでトライしていこうと思ってます。

森や海の神秘さ、現代人に必要ですね。大人はもう感じることがないのでしょうか?

naoさんごぶさたです。
いつもブログで新しい知識をいただいてます。
そうですか。ハダカイワシ、海岸でも見られますか。

深海魚、たぶんみんな知らない間に食べてますね。
ここらあたりでもゲホウはたくさん釣れますよ。
名前はこちらではゲホウでなくトージン(唐人)と呼びます。
深い海も面白いですね。

Zappaさん
拍手コメントありがとうございます。

ハダカイワシ、あらゆる魚のエサになっているのが伝わりましたでしょうか。

魚の話題を書き始めると、仕事の気分になるので、ときどきにしたいのですが、何かありましたらこちらに書き込んでみてください。
投稿者:尚 nao.
ハダカイワシの仲間は時々海岸にも打ち上がりますよ。
おそらく夜のうちに浅い水深に来たものが
大形魚に追われたり潮の流れなどで打ち上がるのでしょう。

深海魚というと特殊に思われがちですけど
けっこう人々の口に入っているんですよね〜。
そう言えば一昨年に西伊豆の戸田に深海魚料理を食べに行きました。
ゲホウなど何種類か刺身で食べてきました(笑)
投稿者:三四郎
何だかすごく久しぶりのような感じがする。

美しく深い海は魔物が棲んでいるようで怖いですね。

釧路湿原の谷地眼(やちまなこ)も底無しのような群青色で怖い思いをしておりました。
釣りをしていても谷地眼によって見られているような感じがして、周りからハンノキやらヤチダモやらの木々が伸びてきて自分を沼の中に引きずりこうもうとするかのようです。

屋久島の海で潜った時も怖かったし、東アフリカのザンジバル島で始めてのダイブをした時も美しすぎる深く暗黒の海は、もう得体の知れない怪物がいてパクリと飲み込まれるような感じがして怖かったです。

しかし、怖い想いは、海ばかりでなく森でも、雪原でも、星が煌く夜空でもあります。いずれの場合も魔物から自分が見られているという恐怖です。

このような怖い森や野原や夜空での生活を今の子供たちに味合わせてあげたいものです。
この自然に対する恐ろしさが豊かな感性を育てていくと思っていますよ。

5日は楽しみです。

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
投稿者:take隊員
鉛直運動とは云いますが、潮の流れなどあり、一様ではなさそうです。そんな一部が夜のうちに定置網に入ったりします。

それと、表層といっても水深100メートルぐらいまでを云い、水深40メートルぐらいから下に動物プランクトンの厚い層ができることが多いですね。

ハダカイワシ漁をする船はまだないですが、底曳き網で混獲されることはあるようです。でも、見た目が悪いし小さいし、売れないだろうな〜。

水深200メートルにもなれば人間の目にはほぼ真っ暗だけど、小さなエビやカニもたくさんいるのですよ。
カサゴから吐き出されたこれらの写真もあるのですが、フィルムなので見せられないのが残念。

タラコのスケトウだって水深200メートルより深いところで獲るし、マグロの延縄やカジキの延縄も水深200より深いところを狙います。
ズワイガニも水深200ぐらいだけど、ベニズワイガニなんて水深1600メートルまでカゴを入れます。

水深300メートルぐらいまでは、市場でよく見る魚だらけで、キンメだって水深600メートルぐらいまで生息しています。

まあ、巨大なタコやイカだとかいるのは水深1000メートルぐらいからで、マッコウクジラが3000メートル潜れる能力もそんなところに使われているのかもしれないですね。
ン? それとも、シャチから逃れるためだろうか?


「怖くて近付けない場所」はどこだろ?

たくさんありそうだけど、とりあえず高いビルの上、かな。
投稿者:k-ta隊員
ん、よくわかりました。海に棲む魚は自由自在なのですね。(ちがうものいるかもしれないけど)

深海魚とはいうけど表層にも来る、普段深海にはいないけど深海までいく魚もいる。

でもハダカイワシが表層に来るからって、これを一網打尽に採るようにはなってほしくないですね。

ヒトは採れるとなったら必要上に採ったりするから。

深海がコワイって・・・・それはもう真っ暗で想像つかないってこともあるのですが、それだけ知らない生き物もいっぱいいるんだろうなって興味もあるます。

けど、少しコワくて近づきたくないって所があってもいいかなと思う・・・なんてカッコつけてますが。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ