森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
隊長、
あるHPでイヌワシがシカの子供をぶら下げて飛んでいる写真をみたことがあるけど、驚きましたね〜。

丹沢にはクマタカが生息しているから、ノウサギあたりを食べているばず。猛禽の空からの視点で森をみると面白いですね。

でも、小鳥は、メスオス、ヒナで姿が違うからなかなか覚えられませんね。

k-ta隊員

日本の野草300、ありがとうです。
図鑑をパラパラめくっている時間は楽しいですね。なかなか覚えられないけど。

エビフライ、ほんとうに難しいです。
そもそもこれが同定できなければ、リス話の論拠がなりたたないのです。

地面に落ちているエビフライがややこしい、です。
投稿者:k-ta隊員
図鑑は、載ってるもの全て覚えなきゃなんないってことないですよね。ただ、ヒマなときパラパラと見てるとフィールドで出会ったときに、これ見たことあるなーっていうことあります。

エビフライの検証は図鑑などもそうないし、まさに実践と想定。時間も気力もいりますね。
投稿者:三四郎
isa隊員のこの本、写真がいっぱいなのに一冊が千円+税とは安い。これも一度にたくさん出せるからなのだろう。

こちらは野鳥の名前を20種覚えたい。

http://tanzawapithecus.blogspot.com/2009/10/blog-post_14.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ