森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:野良こねこ
歯形までついてリアルですね。
私も今度杉檜の樹液を試しになめてみようと思います。(笑)
熊の皮剥は、あれでは木が枯れてしまうのでは?と思いました。

k-taさん、どうぞよろしくお願い致します。



http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/MYBLOG/yblog.html
投稿者:k-ta隊員
そーかー・・・、マメザクラの樹液は甘いんだ・・。でもヒトにとって甘いのとはちがう味かもしれませんね。

あ、野良こねこさん、よろしくです。隊員が増えましたねー。次のミーティングが楽しみです。
投稿者:take隊員
隊長、下のページにクマの皮剥の例がいくつか載ってます。
http://web.me.com/hideyuki_yoshizawa/calmbears/kumahagi.html
こんなんじゃなかったですか?

甘い樹液の出るのは、すべての木ではなさそうだし、どんなものだろ?
投稿者:三四郎
なる程!
皮を剥きながら甘い樹液を舐めた。
納得だ!

今日、杉の根の樹皮が大きく剥がされているが、どこにも齧った歯型が見当たらない。

リスではないかも知れないが、他の動物たちが樹液の甘みを舐めるために樹皮剥ぎをすることもあるかも知れない訳だね。

http://tanzawapithecus.blogspot.com/2009/10/blog-post_14.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ