森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
清川村の緑はきっとすごいだろうと想像しています。
先日、クマの資料をあさっていて、清川村近くの飯山地域で捕獲されたクマの胃の内容物のものを見つけました。

生態系の頂点に立つクマがいるぐらいだから、野生動物も豊富そうです。
やまぼうしさんがいつか林道を歩かれた、山越えのたしか20号線(?)だったかは、こちらからのアクセスもよさそうで、そのうち丹沢の動物も探索してみたいと思ってます。

ペットボトル、ほんとうに悔しい!
投稿者:k-ta隊員
自然はその時々で違う姿を見せてくれますが、雨模様の森も晴れてるときとは違いますね。

サワガニもいっぱい出て来て、動物たちには食事のチャンスだったでしょう。

植物も雨をたっぷり含んで、また緑濃く伸び上がっていくようで、そういうエネルギーを感じますね。

ペットボトルの氷、ザンネンでしたねぇ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ