森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:si-mamede
動物探検隊のtake様、今日は
リスには度々出っくわすが
なかなか撮れないです。
これは良く撮れましたね!
この前、鹿の赤ちゃん撮れました。
逃げられませんでしたね。
大人の鹿は掃くほどおりますが。

http://blogs.yahoo.co.jp/climate636/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=1
投稿者:take隊員
野良こねこ隊員へ

ややっこしいけど、そういうことです。
野生動物はほんとに人間を観察しています。気づかないのは人間だけで、同じ空間に住んでいると思えないほど人間がダメです。

k-ta隊員へ

この時期のリスは冬毛から夏毛へ変わるころだし、エサも松ぼっくり、クルミも無くて、足りないのでしょう。
クワの実に夢中になるのもそれが理由ではないですかね。
翌日も観察できましたよ。

隊長

こいつはオスですが、山側から来ているのはたしかです。でも、近くに巣はなさそうでです。

ヤマグワの中でも第一クワの木は7月半ばまでクワの実が残ります。その頃から松の実や、クルミもできるので、もし近くに生息するなら少しは姿が見られるかもしれません。

でも、さっそくノスリが近くに出現してました。
投稿者:三四郎
おー、とうとうヤッタね!

このリスに早く名前がつけられると良いですね。

http://tanzawapithecus.blogspot.com/2009/10/blog-post_14.html
投稿者:k-ta隊員
林道にしばらく滞在するのがよいようですが、でもそんなにいつも時間はとれませんね。

とにかく久しぶりのリスの写真、拍手です。

なんかこのリスやせて見えますが、こんなもん?
クワの実たくさん食べてほしいですね。

ヤマカガシの頭部が残ってたこと、毒があることなどすっかり忘れていましたがそういう可能性もあるわけですね。でもホント、確証がもてない。そういうこと多いですね。
投稿者:野良こねこ
リスはtakeさんの存在に気づいていたけど、takeさんに気づかれていないないのを良いことに、そこに居た。そして、takeさんが気づいたことに気づいたので、逃げた。・・・と、こういう事でしょうか? (ややっこしいですね。)
動物と言うのは随分と駆け引き上手なのですね。

リスは木を齧っているようにも見えますが、何をしていたのでしょう???

http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/MYBLOG/yblog.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ