森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
青い松ぼっくり、いまのところ最短、3日で緑色が抜け落ちてしまいます。
湿度や光の具合でも違ってくるでしょうが、リスが毎日ここで松の実を食べているのは確実です。


クルミの木はほとんどが樹高15m以上の大きなものです。今年実を付けなかったクルミも、昨年は少なめだったものの一昨年は豊作でした。

でも、これほど差がでると、リスにはすごい影響があるはずですね。
クルミがダメで、松ぼっくりも不作だったらどうするのだろ? まずいモミの実を食べるのはこんなときか?
投稿者:野良こねこ
エビフライを集めてどうするのかと思っていましたが、そういうことでしたか! さすがです。
変色の度合いも参考になりますね。

クルミの実がついていないとのことですが、下記のサイトの下の方に、参考になる記事が載っていました。もう調べておられるかも知れませんが・・。
クルミは本来温帯の冷涼な地に生えるもので、高温多湿になると枝が徒長し実がつきにくい、とありました。(二年目の枝に雄花がつくそうなので、これはこの夏の状況には関係ないかな?)
また今春の低温と遅霜の影響が考えられますね。

http://q.hatena.ne.jp/1164421255

http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/MYBLOG/yblog.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ