森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
そうなんですね、沖合の海は匂いがしませんね。

こちらでは定置網にこびりついた貝などを落とすため、浜へ山にしてビニールで覆います。
これが腐って発酵して煙が出るほどになるのですが、このときの匂いがすごい。

近所から苦情が出るほどで、これをよそから来た人は海辺の匂いと勘違いしているかもしれないですね。
投稿者:三四郎
フナムシは釧路の海岸から南の国の海岸までいますね。同じ仲間なのかな?

磯の匂いというか、海の匂いは沖合いではしませんよね。浜辺になると匂いますね。
take隊員が言うように、海草や魚が塩水と共に腐った匂いが、磯の香りなのかもしれませんね。

http://tanzawapithecus.blogspot.com/
投稿者:take隊員
むかしとくらべ、フナムシが少なくなったように感じてました。
見かける数があきらかに減ってますよ。

潮の匂いは砂浜の面積に比例するのじゃないですか?
海藻などの有機物が腐敗したのが潮の匂いかも。


投稿者:野良こねこ
フナムシというと海のゴキブリというイメージで、磯の岩場にぞろぞろいて、人が歩くとササッと物陰に隠れるような感じです。
もう長いこと磯歩きなどしていませんが、福浦や真鶴半島ではフナムシは健在なのでしょうか?
先日の相模湾サミットで、漁師さんが「最近海辺は潮の匂いがあまりしなくなった。」と言っておられましたが、そちらでは如何ですか?

http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/MYBLOG/yblog.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ