森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
野良隊員へ
山が違うとリスの文化も違いますね〜。
宮ヶ瀬ダム付近はさしずめクルミ文化圏ですね。
松が少なく住宅難で、クルミ文化圏は人間でいうなら都市型かもしれません。
みんなでわいわいやるのも楽しいですよ。

K-ta隊員へ
お世話になりました。
大汗をかいたあとのビールうまかったですね〜。
なべもごちそうさまでした。
リスの巣はもっとずっとたくさんありますね。
リス密度はクルミの食痕からそうとうなものと思われます。
またやりましょう。

やまぼうし隊員へ
湯河原で7年探して10数本のクルミしか発見できなかったのに、まだ山にも登らないのに数10本ですもの。感動でした。
都合クルミは何本あったのでしょう?100本ではきかないのでは?
クルミの木一本でリス一匹が生きられるかもしれません。松より効率的ですね。

また一緒しましょう。よろしくです。


今日はこれから海へ出る予定です。
投稿者:やまぼうし
クルミの木を見てあんなに喜ぶ人に
初めて会いましたよ。
クルミが豊作の年にもぜひ
見に来てくださいね。

これからもリスのことを
出来るだけ頭に入れて歩きますね。


http://naturekiyokawa.blog118.fc2.com/
投稿者:k-ta隊員
昨日はお疲れさまでした。けが人といってもなんだか誰にも認められないtake隊員、がんばりましたねー。

でもおかげで、リス観察目線で見るとまたちがうものが見えてきて、あんなに巣があるとは思いませんでした。落葉樹につくったものはこの時期じゃないと見られませんね。

今度は湯河原ミーティング、野良こねこさんも一緒にぜひお願いします。
投稿者:野良こねこ
探検隊の忘年会山行お疲れ様です。
皆さんでの観察はとても楽しそうですね!

山が違うとリスの文化(?)も違うのでしょうか?
巣は松がなければいろいろな木にかけるのですね。今回の発見は白銀山のブナ林や、いろいろな所で役立ちそうですね。

http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/MYBLOG/yblog.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ