森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
ニシメガネザルさん

松ぼっくりを乾燥の度合いを計る道具にするのはありそうですね。
かなり性格に反応しそうです。

ネットには鉢植えの水分の乾燥度合いを計るのに使っている記述がありました。
投稿者:ニシメガネザル
そういえば、アメリカかカナダのもので、松ぼっくりの鱗片の先に矢印をつけた乾湿計のようなもの見たことがありますね。。。

http://blog.goo.ne.jp/nishime_001/
投稿者:take隊員
流さん、どうも

クロアシアホウドリ、ですよね? 「コアホウドリ」じゃないですね。

これまで何回かですが、アホウドリクラスの大型海鳥をみかけてます。
小笠原あたりから飛んでくるのでしょうね、きっと。
次はぜひ写真におさめたいと思います。

眼鏡、翌日潮が澄んで、小舟を借りて水中眼鏡でのぞきながら、網ですくいました。
際に張り付いていて、やっと発見でした。

来年もよろしくお願いいたします。
投稿者:流
一昨日見た鳥はネットの写真と見比べたら、
一番似ているのがクロアシ コアホウドリでした。

人里?近い海域でいるのか?。
でも、色、形、下反角、飛行性能などよく似ています。

眼鏡は回収できましたか?
来年早々にはまた退屈な作業をお願いしますのでよろしく。
投稿者:take隊員
今年のまだ茶色いやつで、全部開いたのの根元側だけに実の残っているのがあったし、ヤマガラが突っついたのから、翼がいくつかヒラヒラ舞いました。

実は奥深く刺さったようにあるからなかなか落ちないのでしょう。

全体がグレーの古い松ぼっくりも枝にたくさんあるし、どうなっているのか私にもよく分かりません。
調べて教えてほしいな〜。
投稿者:野良こねこ
開いてすぐのものはまだ種子が飛んでおらず、開いて時間のたったものが空っぽなのでしょうか。
今開ききったものが沢山付いている木がありますが、それは昨年のが落ちずに残っている?
また余り実の付いていない木など、マツも個体差があって悩みます。。

http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/MYBLOG/yblog.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ