森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
動物観察にもいろいろな手法があります。
巣箱をかけてみたい衝動にかられますが、もう少しいろいろためしてからにしましょう。

わたしの場合、そろそろちゃんとした写真も撮りたいので、身を隠す方法を考えています。
これまで一度も道具を使ったことがなくて、忍法枯れ木の術とかでやってきたけどそろそろ限界かも。

どんなものを使ったらよいやら?
投稿者:野良こねこ
鳥もムササビも巣を見つけるのはとても大変ですが、見つからないなら巣箱を利用するというのも一つの手のようですね。
観察に都合のよい場所に巣箱を掛け、リスやムササビを観察するのも、いつかやってみたい気がします。


http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/MYBLOG/yblog.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ