森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
いただいたエビフライの中に完全に形態の違うリスのエビフライが交じってました。
これにはリスの歯形がしっかりついていて間違いないです。

シャープタイプは開いた松ぼっくりを食べたリスのエビフライに似ているし、擦り切りタイプは青い松ぼっくりを食べたリスのエビフライと似ています。

これの違いがだいぶ見えてきたから一応ブログにアップしたわけです。
投稿者:野良こねこ
こういうサイズで拡大してみると、本当に違いが分かりますね。リスとムササビでは同じ松ボックリとは思えないです。
ところで、差し上げたエビフライは全てムササビのものだったのですか?
リスとムササビは昼と夜とで住み分けるそうなのでリスのものがあっても不思議ではないのですが。
しかし近くの林道沿いで拾ったものも皆ムササビのもののようでした。
シャープタイプは本当に紛らわしいですね。



http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/MYBLOG/yblog.html
投稿者:take隊員
隊長へ

少なくとも「リスの方がスパッと齧り取るわけか!」は言えると思います。
ただ、エビフライは小さい松ぼっくりのばかりでした。

私も切歯をみてみたいです。
まだ謎の部分が多く、ここまでぐらいしか言えませんが、そのうちなんとかなるでしょう。
投稿者:三四郎
ふーん、なるほどねぇー!
リスの方がスパッと齧り取るわけか!
ムササビにとってはマツボックリは小さ過ぎるのかな?
ムササビの歯を、頭骨を見たい!

http://tanzawapithecus.blogspot.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ