森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:三四郎
もう35年も前の話しで、当時はまだご飯を飯盒に一杯食べることができました。4合ですね。
若い消費する年齢層が少ない日本だから、経済活動も右肩下がりになるは当たり前です。

毎年、千葉実習でニワトリを潰しして食べる実習をしているのですが、ケンタキーフライドチキンでバイトをしている学生がいて、さばき方が非常に上手でした。

しかし、この実習も学生や親に説明して理解してもらわないとできない世の中になりました。
殺さなくても肉を買えば良い!などという意見がでるんです。食べるのは好きだが、殺してまで食べたくないなんて、浅墓な考えを述べる者もいます。

ぼくは、小・中学生への命の大切さを教えるには皆で飼っているウサギやニワトリ、アヒルを潰して食べることだと思っております。

イネやサツマイモは田植えから収穫、食べることまで学校教育でするのに、ニワトリやウサギは食べないで飼育だけ。
育てて、潰して、解体して、料理して、食べて、ウンチしてトイレを自分で掃除する。これができない学生はダメ!
でも、親たちが小生意気な理屈をつけて子供たちにやらせまいとする。
親たちの自然実践教育が大事!
地鶏の旨さや野草で育てたウサギの旨さは格別だ!

http://tanzawapithecus.blogspot.com/
投稿者:take隊員
あっ、忘れてた。

隊長、ヤマドリ一羽は食べ過ぎですよ〜。
おなかこわしませんでした?
投稿者:take隊員
野良こねこさんへ

野良こねこさんが会議をかさねられている環境問題なども、本来、身近な自然との深いかかわりの中で、本能的に感じとるものなのではないでしょうか。

イノシシの解体を通し、自然の状態がみえる、なんてことが本来必要で、原始人の方がずっと進んでいたでしょうね。
でも、伝染病の克服など、やはり科学も必要で、両面から環境をつくることが重要。

人間、野生部分をおきざりにし過ぎましたね。
隊長のように、鳥が大量に飼育されるから、免疫力が落ちて鳥インフルにかかる、なんて発想ができないと人類は滅亡しますね。


隊長へ

さすがに色々経験されてますね。
人間、野生動物や山菜など、野生の中からすべて食料を得ていたわけだから、その食べ方、時期など多くの文化を残してきています。

でも、たった50、60年でほどんど失ったか変質してしまったように思えます。
これからは薪で火を起こしたり、魚や鳥をさばいたりするのを教える場所がたくさん必要になりそうです。
投稿者:三四郎
ぼくも千葉の学生実習で、知人からシシの親子を殺すの見に来いと誘われて学生たちと行きました。
で、最後はクレーンで吊るされて真ん中から縦に解体されて、半身を持って行け!と言われましたが、多すぎると下半身の半分だけにしました。

潰し、解体するシーンでは、男子は遠巻きに見ているが、女子はそんな近くでは血が着くよというような位置でしっかり見ていました。
で、「私は頭骨が欲しい」「蹄が欲しい」と分け合っておりました。

女子学生が「家でシシ肉を食べるので調理は任せて」というので、見ていると、まず、肉を茹でました。

それを鋤焼きで食べたのですが、旨い、旨い、肉嫌いのぼくでも肉がこれほど旨いとは思わなかった。
学生たちは、全部もらってくれば良かったネ!と云うくらいでした。

血抜きが上手くできれば、野生動物ほど旨い肉はないかも知れませんね。
木曽のサル調査をしていてヤマドリを一羽もらってそれも鋤焼きで食べたのですが、その時も鳥肉の旨さを始めて知りました。一人で一羽食べたんです。

アフリカで食べた若いブッシュバックは血抜きが旨くできて旨かった。が、中国で食べたアナグマは気色悪かった。台湾の山ではリスやムササビを、これは毛は焼くだけなので、毛が焦げた味で不味かった。サルは旨かった。

鶏を絞めて、血抜きをし、熱湯に漬けて毛を毟り、解体する。これ、子供の頃から親父のを真似、台湾、アフリカ、インドネシア、中国、基本は同じ、ネズミ類の小哺乳類の処理の仕方も同じですね。

ヤギやニワトリを絞めて、血抜きをして解体するのは、途上国の人たちほど手際良いですね。
アフリカの人たちにとっては一番美味しいところが脂身なので、ぼくに脂身を分けてくれるので赤身の肉が良いと断りました。
魚でも脂が乗ったのは旨いですよね。

http://tanzawapithecus.blogspot.com/
投稿者:野良こねこ
魚だったら、ほお肉が旨いとか、カマが良いとかありますが、動物の場合は、動物を見てそういう発想はなかなかできませんね。

鶏ならモモ、豚ならヒレ肉が美味しいと思いますが・・・。

原始人なら旨そうなマンモスの鼻、などとと、食欲たっぶりの視線を送るのでしょうね。

http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/MYBLOG/yblog.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ