森の海▲海の森

湯河原・真鶴ー野生生物探検隊

 

自己紹介

●氏名:竹内真治(しんじ)/ ●住所:神奈川県西部の湯河原町在住/ ●職業:漁師・釣り船/ネイチャー・ライター/ ●年齢:おじさん/ ●作品:四季のボート釣り(山海堂)/新・四季のボート釣り(舵社)/魚探反応丸わかり図鑑(舵社)/ ●今のテーマ:湯河原の野生生物観察/野生動物の撮影/

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:take隊員
issyo, kさん、どうも

七尾峠あたりにリスはいるだろうと想像してましたが、やはり生息してましいたね。
リスは松ぼっくりかクルミが主食です。どちらかがたっぷりあれば生きていけます。

問題なのは、東伊豆にタイワンリスが生息していること。
もし増えてくるなら湯河原より熱海が先です。
監視しなければならない問題なのです。
投稿者:issyo, k
おはようございます
リスやクルミなどのフィールドワークの話、素人ながら面白く読ませてもらっています。

我が家周辺でも、2,3回木々を渡るリスを見かけたことがあります。探せば、クルミの木があるのかもしれませんね。

http://blog.goo.ne.jp/issyo_2010
投稿者:take隊員
頭の中には周辺の俯瞰図と巣やクルミ、クワ、コナラ、栗などの主な位置関係が一応プロットされてます。

最近、やっとこさ星ヶ山山頂、南郷山、大丸、それぞれの松林の位置など、どこからみても言えるようになったので、地図上にそのまま書き込めそうです。

起伏のある山の形や位置関係は少し動くとほんと分かりませんね。
投稿者:三四郎
良いですね。
クルミの分布と樹木調査、それを地図にプロットしていく。

枝の分岐から樹齢が分るとすごく楽しくなりますね。これは野良こねこさんが木を切ることを専門?としているので、調べることがデキマセンカネ?

胸高直径か周囲を測るか、何か測定基準を設けると面白いですね。
何だか、ある太さまではいけそうですね。

http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/index.html
投稿者:野良こねこ
このリスの実験林、是非近いうちにクルミの木の分布と樹木調査をしたいですが、いかがでしょうか?。
樹齢なども、枝の分岐から分かるといいのですが・・・。
松枯れの湯河原で、明るい話題で私も嬉しいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/MYBLOG/yblog.html
投稿者:take隊員
この歩き回った間に松は2、3本しかありませんでした。でもその一本の根元にはエビフライが2個ころがっていておかしかったです。

し行けば松林があるのにあえて見晴しのいい危険なここで食べなくてもいいように思うけど、うまそうに見えたのか。

それとも、幕山山頂あたりに松の少ないエリアを縄張りにしているリスがいて、貴重だったのかも。

コメントもらった後に文章、少し追加してます。
投稿者:野良こねこ
幕山山頂への遊歩道わきのクルミの木、まるで人間が植樹したようにも見える位置で、不思議に思っていました。
周辺のカヤトは、リスのために私も植樹したいと思っていた所です。
しかし実はリスに先を越されていたんですね・・。
偉大なるリスの植樹に脱帽です。
そしてここはリス植樹の実験林ですね。

リスは笹薮を移動に利用するだけでなく、カヤトも?
そこのクルミは、リスによってパイオニア植物になっているのでしょうか?
同じようにマツの木も、分布を広げている様子はありませんか?

http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/MYBLOG/yblog.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ